三井米松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三井米松

三井 米松(みつい よねまつ、1874年明治7年)4月27日[1]1953年昭和28年)4月15日[2])は、農商務官僚商工官僚。実業家。

経歴[編集]

長崎県に旧対馬藩士佐伯雲平の二男として生まれ、福山藩士三井豊次郎の養子となった[3][4]第五高等学校を経て、1901年(明治34年)に東京帝国大学文科大学英文科を卒業した[3]。さらに同大学法科大学に入り、1906年(明治39年)に英法科を卒業した[3]。翌年に農商務省に入り、水産講習所教授、水産局書記官、農商務書記官、福岡鉱務署長、東京鉱務署長、農商務省水産局長、商工省鉱山局長、社会局参与などを歴任した[4]1929年(昭和4年)、商工次官に就任し、翌年に退官した[4]

退官後は合同漁業株式会社社長、南樺太鉱業株式会社社長、北樺太鉱業株式会社社長、理研工業株式会社取締役、大日本水産会会長、中華日本貿易連合会会長などを務めた[5][6]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 北川由之助編 『日本之精華』 毎日通信社、1914年
  • 落合町誌刊行会編 『落合町誌』 落合町誌刊行会、1932年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年
  • 水産研究会 『水産年鑑 1954年版』 水産週報社出版部、1953年
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。