三ツ城古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三ツ城古墳
Mitsujo-Tumulus Ruins.jpg
所在地 広島県東広島市西条中央
位置 北緯34度24分58.8秒 東経132度44分2秒 / 北緯34.416333度 東経132.73389度 / 34.416333; 132.73389
形状 前方後円墳
規模 全長92m、幅67m、高さ13m(広島県最大)
出土品 埴輪、刀剣、鏃、勾玉他
築造時期 5世紀
被葬者 不明
史跡 国の史跡
テンプレートを表示

三ツ城古墳(みつじょうこふん)は、広島県東広島市西条中央にある古墳1982年(昭和57年)6月3日、国の史跡に指定。2001年(平成13年)1月29日に指定地域が追加された。

概要[編集]

西条盆地の南側丘陵部に築造された、前方後円墳である。方墳部を北にして全長92メートル、幅67メートル、高さ約13メートルの古墳で、広島県内では最大の古墳である。築造時期は5世紀頃と推定されている。後円部の南側に直径25メートルの円墳が1基(第2号古墳)あり、第2号古墳の周溝内には楕円形の墳丘をもつ第3号古墳がある。1951年(昭和26年)に最初の発掘調査が行われ、1990年(平成2年)から復元整備が行われた。現在は公園として市民に親しまれている。

第1号古墳[編集]

第1号古墳の墳丘は、葺石で覆われ、埴輪を3段に渡って配置している。後円部の最上部には箱型石棺が3基あり、刀剣勾玉等が出土した。その他、土師器須恵器も出土している。1990年から始まった復元工事によって、埋め戻された箱型石棺はアクリル板越しに上から眺めることができるようになった。また、葺石も完全に復元され、古墳の斜面全体を覆っている。そして出土した埴輪の複製品を約1,800基配置している。

第2号古墳[編集]

第2号古墳は直径約25メートルで、高さは最高部で5メートルとなる円墳である。年代的には第1号古墳よりも古い時代の築造とされる。築造当初は葺石で覆われていたが、現在は芝生で覆われている。

第3号古墳[編集]

第3号古墳は第2号古墳の南西側に隣接して築造されており、長径8メートル、短径4メートルの楕円形となっている。第1号から第3号の中で、この第3号が最も新しいとされる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]