丁若鏞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丁 若鏞(てい じゃくよう、チョン・ヤギョン、1762年8月5日(旧暦6月16日) - 1836年4月7日(旧暦2月22日))は、李氏朝鮮時代後期の儒学者。いわゆる「実学」運動を集大成した人物であった[1]

文学、哲学、工学、科学、行政の分野で活動した。字は美庸、号は茶山、俟菴、籜翁、苔叟、紫霞道人、鐵馬山人、門巖逸人等[1]

来歴[編集]

全羅南道羅州の出身(生誕は京畿道[1]南人の学者の家に生まれ育つ[1]科挙に合格して官吏となる[1]。西学(カトリック、西洋科学)に関心を持ち、その理解者となった[1]。しかし、西学導入などの改革を進めた正祖が没すると、1801年に起きた天主教(キリスト教)弾圧の影響を受け、全羅南道で18年もの流刑生活を余儀なくされた[1]。この流罪の間に儒学の古典研究を初めとする広い分野で多くの著書を残した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 丁若鏞 - 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』『世界大百科事典』および『日本大百科全書(ニッポニカ)』(コトバンク