一宮市立尾西市民病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 一宮市立尾西市民病院
Ichinomiyashibisaishiminn-hp.JPG
情報
前身 尾西市立尾西市民病院
許可病床数

186床
一般病床:100床



療養病床:86床
開設者 一宮市
開設年月日 1962年
所在地
494-8505
愛知県一宮市冨田1777番地
PJ 医療機関
テンプレートを表示

一宮市立尾西市民病院(いちのみやしりつびさいしみんびょういん)は、かつて愛知県一宮市に存在した、一宮市が運営する公共の病院である。

前身は旧尾西市が運営していた尾西市立尾西市民病院である。2005年(平成17年)4月1日に一宮市との合併により改称した。

2009年(平成21年)3月31日に閉院。翌日より医療法人杏嶺会に移譲され、「尾西記念病院」となる。

診察科[編集]

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年):尾西市立尾西市民病院として開設。
  • 2005年(平成17年)4月1日に一宮市との合併により、一宮市立尾西市民病院に改称。
  • 2009年(平成21年)3月31日:閉院。

交通機関[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]