一力長五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一力長五郎 Sumo pictogram.svg
Ichiriki Chogoro.jpg
歌川国貞作の浮世絵
基礎情報
四股名 藤ケ峰 → 早房 → 一力 長五郎(忠五郎)
本名 山崎 安好
愛称 (大物食い)
生年月日 1815年(文化12年)
没年月日 1859年9月21日(安政6年8月25日)
出身 常陸国新治郡若柴村(茨城県龍ケ崎市若柴)
所属部屋 木村庄之助 → 木村瀬平
成績
最高位 前頭筆頭
幕内戦歴 64勝40敗26分4預(18場所)
データ
初土俵 天保 8年10月 序ノ口
入幕 嘉永 2年11月
引退 安政 6年正月
引退後 (現役中没)
備考
年寄木村瀬平と二枚鑑札

一力 長五郎(いちりき ちょうごろう、1815年文化12年) - 1859年9月21日安政6年8月25日))は、常陸国新治郡若柴村茨城県龍ケ崎市)出身の力士である。本名は山崎安好。最高位は、前頭筆頭。劔山小柳に強く(両者に対しては無敗だった)、「大物食い」として名を馳せた。奥州一ノ関で巡業中に現役中に急逝。享年44。病没あるいは斬殺[1]されたと伝わる。

地元若柴にある、星宮神社(ほしのみやじんじゃ)には、一力が奉納した灯篭2基が残っている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]