一フッ化二銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一フッ化二銀
識別情報
CAS登録番号 1302-01-8
特性
化学式 Ag2F
モル質量 234.734 g/mol
外観 ブロンズ色結晶
密度 8.6 g/cm3, 固体
融点

90 °C (分解)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

一フッ化二銀(いちフッかにぎん、: disilver monofluoride)は、化学式が Ag2F で表されるフッ化物である。結晶構造は逆ヨウ化カドミウム型構造で、Ag-F の層に Ag の層が挿入された構造をとる。Ag-Ag 間距離は300, 2.81 Å、Ag-F 間は2.45 Åである。密度は8.57 g/cm3。金属伝導性を持ち、0.65 Kで超伝導性を示す。光に対して安定である。90 °Cで分解する。歯科合金として使われる。

一フッ化二銀はフッ化銀(I)を液体フッ化水素に溶解させた後にコロイド状の銀を加えて製造する。水中では即座に銀とフッ化銀(I)とに不均化する。

参考文献[編集]

  • The Merck Index, 12th edition, Merck & Co., Inc, Whitehouse Station, NJ