フッ化銀(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フッ化銀(I)
フッ化銀(I) の粉末フッ化銀(I) の結晶構造
組成式 AgF
式量 126.87 g/mol
形状 赤褐色固体
CAS登録番号 7775-41-9
密度 5.852 g/cm3, 固体
水への溶解度 180 g/100 mL (20 ℃)
融点 435 ℃
沸点 1159 ℃

フッ化銀(I) (フッかぎん、silver(I) fluoride)はフッ素の化合物である。赤褐色の固体であるが、湿った空気に晒すことで黒色に変化する。融点は435℃[1]。他のハロゲン化銀とは異なり、水に非常に溶けやすく(水1Lに対して1.8kg以上[1])、アセトニトリルにもいくらか溶ける。炭酸銀フッ化水素酸から作られる。

フッ化銀(I) は、多重結合に対してフッ素を付加させる際に広く用いられている。たとえば、フッ素で置換されたアルケン に対してアセトニトリル中でフッ化銀(I)を作用させると、有機銀誘導体が得られる[2]

1価以外のフッ化銀も存在する(記事 フッ化銀 を参照のこと)。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Greenwood, N. N.; Earnshaw, A. Chemistry of the Elements; Pergamon Press: Oxford, 1984.
  2. ^ Miller, W. T.; Burnard, R. J. "syn-7-Bromobenzonorbornadiene. Synthesis and solvolytic reactivity". J. Am. Chem. Soc. 1968, 90, 7367–7368. doi:10.1021/ja01028a046

外部リンク[編集]