ヴィンセント (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィンセント
Vincent
監督 ティム・バートン
脚本 ティム・バートン
原案 ティム・バートン
製作 リック・ヘインリックス
出演者 ヴィンセント・プライス
音楽 ケン・ヒルトン
撮影 ヴィクター・アブダロフ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 ブエナ・ビスタ・ディストリビューション
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年
日本の旗 1994年
上映時間 5.52分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000
テンプレートを表示

ヴィンセント』(Vincent )は、1982年ティム・バートンが製作したストップモーションアニメーション短編映画である。

概要[編集]

アニメーターとしてウォルト・ディズニー・カンパニーに在籍していたティム・バートンが原案、脚本、そして監督を務めた短編映画である。

バートン自身、ホラー映画などへの出演で知られる怪奇俳優ヴィンセント・プライスのファンであり、作中では彼にあこがれる少年の苦悩が描かれている。プライス自身もナレーターとして声で出演しているほか、アメリカの怪奇文学小説家エドガー・アラン・ポーも作中にインスパイアされている。

もともと「ポエム」としての原案はあったものの、当初は短編映画としてではなく、子供向けの短い絵本として構想されていた[1]。しかしその後、ストップモーションを用いたアニメーションの短編映画として製作された。アニメーション技法も用いられており、バートン自身が愛する古典ホラー映画へのオマージュも兼ね、カラーではなくモノクロで撮影された。

ヴィンセントはロサンゼルスの映画館で2週間にわたって、マット・ディロン主演の『テックス』と同時上映された。また、ロンドンやシカゴで行われた映画祭にも出品され、そこでも高い評価を得た[2]

1994年に公開された『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の興行的な成功を受け、現在は日本でも同作品のDVDBDなどの特典映像内で視聴できる。

あらすじ[編集]

郊外に住むヴィンセント・マロイは7歳の男の子。ごく普通な家に住むごく普通の男の子だが、他の子と違っていたのは怪奇俳優のヴィンセント・プライスに憧れていること。日々、暗い妄想を働かせては不気味に笑う日々。しかし、そんなヴィンセントを母親は理解しようとしない。そんなしがらみもあり、ヴィンセントは次第に不安に駆られるとともに情緒不安定に陥っていく。誰からも理解されない苦しみや増していくヴィンセントへの憧れで、苦悩は日に日に増大し、次第にその不安定な妄想はヴィンセントの中で爆発する。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・原案・脚本:ティム・バートン
  • 製作:リック・ヘインリックス
  • 音楽:ケン・ヒルトン
  • 撮影:ヴィクター・アブラロフ

その他[編集]

ヴィンセント』にはティム・バートンが製作総指揮を務めた映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の主人公ジャック・スケリントンの原型と思わしき骸骨が登場している。この骸骨は1:18から1:32の間、画面の左側に佇んでいる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ マーク・ソールズベリー著、遠山純生訳『バートン・オン・バートン』フィルムアート社、1996年11月1日、ISBN4-8459-9661-8[要ページ番号]
  2. ^ Salisbury, Mark; Tim Burton (2000). Burton on Burton: Revised Edition. Faber and Faber. ISBN 0-571-20507-0.

外部リンク[編集]