ヴィルヘルム (ナッサウ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナッサウ公ヴィルヘルム

ヴィルヘルム・ゲオルク・アウグスト・ハインリヒ・ベルグス・ツー・ナッサウ(Wilhelm Georg August Heinrich Belgus zu Nassau, 1792年6月14日 - 1839年8月20日)は、ナッサウ公(在位:1816年 - 1839年)。最後のナッサウ公でもあったルクセンブルク大公アドルフの父。

ナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルムとその妻でザイン=ハヒェンブルク伯領の女子相続人であるルイーゼ・フォン・キルヒベルクの間の長男として、プファルツ地方のキルヒハイムボランデン(Kirchheimbolanden)に生まれる。1816年1月9日に父の死にともないナッサウ=ヴァイルブルク侯位を相続、その2カ月後にナッサウ=ウジンゲン家のフリードリヒ・アウグストからナッサウ公位を継承した。同年のうちに、それまで分かれて存在していたナッサウ=ヴァイルブルク侯領をナッサウ公国へ統合した。

家族[編集]

1813年6月24日に、ヴィルヘルムは最初の妻ルイーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン(1794年 - 1825年、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(のちザクセン=アルテンブルク公フリードリヒの娘)と結婚した。2人の間には4男4女が生まれた。

ルイーゼと死別後、ヴィルヘルムは1829年4月23日にヴュルテンベルク王子パウルの娘パウリーネ(先妻ルイーゼの姪)と再婚した。2人の間には4子が生まれた。

先代:
フリードリヒ・ヴィルヘルム
ナッサウ=ヴァイルブルク侯
1816年
次代:
先代:
フリードリヒ・アウグスト
ナッサウ公
1816年 - 1839年
次代:
アドルフ