ヴィドック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィドック
Vidocq
監督 ピトフ
脚本 ピトフ
ジャン=クリストフ・グランジェ
製作 ドミニク・ファルジア
製作総指揮 オリヴィエ・グラニエ
出演者 ジェラール・ドパルデュー
ギヨーム・カネ
音楽 ブリュノ・クーレ
撮影 ジャン=ピエール・ソーヴェール
ジャン=クロード・ティボー
編集 ティエリー・オス
配給 日本の旗 アスミック・エース
公開 フランスの旗 2001年9月19日
日本の旗 2002年1月12日
上映時間 100分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 FRF 152,000,000
テンプレートを表示

ヴィドック』(原題:Vidocq)は2001年フランスで製作されたサスペンス映画。実在したフランスの探偵フランソワ・ヴィドックを主人公にしている。HD24P HDCAMのフルデジタル撮影を世界で初めて実現した映画である。[1]

あらすじ[ソースを編集]

18XX年、フランス全土を揺るがした連続殺人事件が起こった。犯人は鏡の顔を持つ男。物語はヴィドックが鏡の仮面を被った男に殺された所から始まる。『ヴィドックが死んだ』号外が町中に捲かれる。その号外を読んだ詩人エチエンヌ・ボワッセは、ヴィドックと相棒のニミエがやっている探偵事務所へ駆けつけた。

キャスト[ソースを編集]

※括弧内は日本語吹き替え

出展[ソースを編集]

  1. ^ DVDヴィドック特典監督インタビューより

外部リンク[ソースを編集]