ヴァレーニキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茹でる前のヴァレーニキ
茹でた後のヴァレーニキ


ヴァレーニキウクライナ語вареники / 英語varenyky;意訳:「茹でもの」[1])は、欧亜遊牧民に由来するウクライナの伝統料理の一つ。ダンプリングの一種であり、日本では餃子に例えられることもある[2]

日本語ではヴァレニキワレニキ[3]ヴァレーヌィクなどの表記がある[2]

概要[編集]

ヴァレーニキは半月の形を持ち、小麦粉に水を加えて薄くのばしてつくった皮で、じゃが芋キャベツ類・チーズ類・キノコ・芥子の実・桜桃などの果物で作った具を包み、5分ほど茹でる[2]スメタナ、焼き玉葱などで調味される。現代ではサワークリームを付けて食べるのが一般的とされる[2]

ヴァレーニキはボルシチとならんでウクライナの代表的料理である。ロシア料理ペリメニとの類似性を持ち、ウクライナでは両方が食べられているという[2]。ウクライナを長く支配してきたポーランドリトアニアロシアにも普及している[4]

ヴァレーニキはウクライナの民話・民謡にも登場しており、ウクライナ出身のニコライ・ゴーゴリの作品でもこの料理が出る場面が多い。

2006年には、ウクライナのチェルカースィにヴァレーニキの石像が建てられた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 単数形は「ヴァレーニク」、複数形は「ヴァレーニキ」。
  2. ^ a b c d e 日本放送協会. “【取材の現場から・ウクライナ】彼女が作る“ギョーザ”の中身は? NHK特設サイト”. www3.nhk.or.jp. 2022年5月3日閲覧。
  3. ^ ロシア語風の表記。
  4. ^ ポーランド語では「ピロギ」、ロシア語では「ヴァレーニキ」と呼ばれている。

参考文献[編集]

  • (ウクライナ語) Українські страви. К., 1961.
  • (ウクライナ語) Абельмас Н.В. Українська кухня: Улюблені страви на святковому столі. K., 2007.
  • (英語) Best of Ukrainian Cuisine (Hippocrene International Cookbook Series). 1998.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]