ヴァルハラナイツ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルハラナイツ2
VALHALLA KNIGHTS 2
ジャンル アクションロールプレイングゲーム
対応機種 PlayStation Portable
開発元 K2 (ゲーム会社)
発売元 マーベラスエンターテイメント
人数 1人用
メディア UMD
発売日 2008年5月29日(無印)
2009年6月25日(バトルスタンス)
テンプレートを表示

ヴァルハラナイツ2』(VALHALLA KNIGHTS 2)は、マーベラスエンターテイメントより2008年5月29日に発売されたPlayStation Portable専用のアクションロールプレイングゲームである。

ストーリー[編集]

その王国には、古くから「千里眼」と呼ばれる謎の組織「抗神機関ヘルゼーエン」が存在している。
陰謀、裏切り、嫉妬、謀略…
目的のためには手段を選ばない、超法規的な組織。
その目的は「人類の悲願、裁きの女神を滅ぼすこと」
「抗神機関ヘルゼーエン」に敵対する組織も存在していた。
表向きは女神との共存を目指す平和主義者の集団「十翼会」
「坑神機関ヘルゼーエン」と「十翼会」はおよそ千年前に裁きの女神を退けたと言われる。
水晶の魔女が残した「白水晶」を求めて対立していた。
そんな混沌とした時代。
孤児院で育った主人公は王国政府公認の冒険者になるため、試験に向かうことになる。

システム[編集]

同時期に発売されている『モンスターハンター』などのアクションRPGと対比されがちだが、アクション性はあまり高くなく、「戦闘がアクションになった『ウィザードリィ」』といった感覚が近い。
また、購入で入手できる武具が初期装備同然のものばかりであるため、強い武具を手に入れるにはダンジョンの探索に頼らざるを得ない事も、その感覚に拍車をかけている。

移動[編集]

本作はこの頃のアクションゲームとしては珍しく、ダッシュに分類されるアクションは存在しない。一応スライドパッドで強弱を付けられるが、他のRPGの歩行移動と大差ない。リーダーがシーフであれば、多少の速度アップは図れる。
ワープがほとんど存在せず、コマンドとして使用できるものは脱出用の「エスケイプの札」や魔法の「エスケイプ」で、ストーリーを進めると街同士を繋ぐ抜け道が出現するが、ダンジョンにワープする術がないため、自ずと歩行による往復を強いられることとなる。

戦闘[編集]

前述のようにアクション性が高いとは言えず、連続して攻撃出来るものといえば、せいぜい通常攻撃が2〜3発当てられる程度のものである。そのため強い魔法を持てば戦闘が非常に有利になり、序盤で敵から手に入れられる全体魔法を覚えれば、難易度が一気に低下する。
武器の種類ごとに必殺技が1つずつ設定されており、種類ごとに考えれば多くないものの、武器の装備は片手武器なら二刀流が出来るスキルがある上に武器の種類が多く、ちょっとした気分転換にプレイスタイルを変えるなどの楽しみがある。

レベル・職業[編集]

本作はキャラごとではなく、キャラが就いた職業ごとにレベルが設定されている。
職業はメインとサブ1・サブ2が設定でき、メイン職業は基本ステータスに影響が出る他、職業の全てのスキルが使用できる。一方でサブ職業は、ステータスこそ影響がないものの、ある程度のステータスが使用できるようになる。そのため、回復魔法と攻撃魔法が使えるファイターや、斧を振り回す魔法使いなど、キャラクターメイクの幅が広がっている。
職業ごとに上下されるとはいえ、パラメーターボーナスはそのまま引き継がれるため、例えば1つの職業を30までレベルを上げるよりも、3つの職業を10ずつ上げたほうが効率が良い場合がほとんどである。

登場人物[編集]

ロザリー
孤児院で子供の世話をしていたが、魔女狩りに際して主人公と共にヴァイゼルヘイムに逃げ延びた女性。
主人公を弟・妹のように想い、冒険者としてミクストと戦う主人公を常に心配している。
ローズ
ヴァイゼルヘイムの冒険者ギルドの女将。本名はローズマリー。

外部リンク[編集]