ヴァルター・ハイトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Walter Heitler, 1937

ヴァルター・ハイトラー(Walter Heinrich Heitler, 1904年1月2日 - 1981年11月15日)はドイツ物理学者ユダヤ系

カールスルーエに生まれ、ベルリン大学およびミュンヘン大学で学び、アルノルト・ゾンマーフェルトの教えを受け、ミュンヘンベルリンチューリッヒゲッティンゲンで研究を行った。

1927年フリッツ・ロンドンと水素分子の結合力に関するハイトラー-ロンドンの方法(原子価構造理論)を発表した。この理論はその後ジョン・スレーターライナス・ポーリングらによって原子価結合法(valence bond, VB 法)へと発展する。

1929年にゲッティンゲン大学講師となり、ナチス政権に反対して渡英し、1941年から1949年の間アイルランドダブリンで研究し1949年チューリッヒ大学の教授となった。

ハンス・ベーテと輻射に関するベーテ=ハイトラーの公式など宇宙線の分野にも業績を残した。

関連項目[編集]