ワジディ・ムアワッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワジディ・ムアワッドWajdi Mouawad1968年10月16日 - )はレバノン出身の劇作家・演出家・俳優。

ベイルートに生まれ、8歳で家族とともにフランスに亡命。その後、滞在許可証の更新が拒否されたため、83年にケベック州カナダ)に移住。91年、カナダ国立演劇学校を卒業後、劇団「テアトル・オ・パルルール」を創立。2016年、コリーヌ国立劇場(パリフランス)芸術監督に就任。

略歴[編集]

  • 1998年、『トイレにこもったウィリー・プロタゴラス』でケベック演劇批評家連盟最優秀作品賞を受賞。
  • 2005年、モントリオールに劇団「アベ・カレ・セ・カレ」、フランスに劇団「オ・カレ・ド・リポテニューズ」を創立。

同年、「劇作審査委員会」を設置しない劇場に対する抗議として、『沿岸』に対するモリエール賞最優秀フランス語圏劇作家賞授与を拒否。

  • 2007年ロベール・ルパージュやドゥニ・マルローの後をうけてオタワの「カナダ国立芸術センター・フランス語劇場」の芸術監督に就任。同時に2010年までシャンベリー・サヴォワ国立舞台「エスパス・マルロー」(フランス)の提携アーティストともなっている。

主な作・演出作品[編集]

主な演出作品[編集]

シェイクスピアマクベス』、ソフォクレスオイディプス王』、エウリピデストロイアの女』、ヴェーデキントルル』、ルイジ・ピランデルロ作者を探す六人の登場人物』、チェーホフ三人姉妹』など。

参照[編集]

  • 堀切克洋「現代のギリシャ悲劇?――ワジディ・ムアワッド『焼け焦げるたましい』」『シアターアーツ』41号、2009年冬

外部リンク[編集]