ワイマルのロッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『ワイマルのロッテ』初版

ワイマルのロッテ』(Lotte in Weimar)は、トーマス・マンの小説。1939年刊。ゲーテの著名な小説『若きウェルテルの悩み』(1774年)のヒロイン・ロッテのモデルとなったシャルロッテとゲーテとの40年越しの再会を扱った作品である。宮廷顧問官夫人となっていたシャルロッテ・ケストナー(旧姓ブッフ)は1816年に実際にヴァイマルを訪れゲーテと会っているが、ゲーテの日記には9月25日に1行触れているのみで詳細は書かれておらず、マンはそのわずかな記事をもとにゲーテ作品からの引用やフィクションも交えて長編小説に仕立てた。作中では老いたシャルロッテのもとを訪れる様々な人物がゲーテについて語り、ゲーテの秘書をしていたリーマー、ショーペンハウアーの妹アデーレ(右のアウグストの妻の友人であった)、そしてゲーテの息子のアウグストといった者たちの口を通してゲーテの人物像が多面的に浮かびあがる構成になっている(ゲーテ本人が登場するのは後半)。

本作はマンがアメリカ合衆国に亡命中、スウェーデンで出版されたが、亡命作家がドイツが誇る文豪ゲーテに批判の目を向けたことで、ドイツ国内では激しい非難を起した。戦後にはニュルンベルク裁判においてイギリスの検事が、マンが創作した本作中の一節を実際のゲーテの言葉と信じ引用するといった一幕もあった。

1974年、Egon Günther監督により西ドイツで本作を原作とする映画が作られており、翌年のカンヌ国際映画祭にも出品されている。

参考文献[編集]

  • トーマス・マン 『ワイマルのロッテ』(上下) 望月市恵訳、岩波文庫、1975-1976年(下巻に訳者解説)
  • 村田経和 『トーマス・マン』 清水書院、1991年、128-133頁