村田経和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 経和(むらた つねかず、1930年(昭和5年)8月16日 - 2011年(平成23年)4月11日)は、日本のドイツ文学者。 曾祖父は村田経芳。祖父は綱太郎、父は貴族院議員・村田保定安場末喜の三男で養子に入る)。男爵家。東京出身。1954年学習院大学卒、1956年東京都立大学大学院独文学修士課程修了、1962年学習院大学文学部助教授、71年教授、2001年定年退任、名誉教授。1962 - 64年ボン大学に学び、1974 - 76年ミュンヘン大学講師安場保吉大阪大学名誉教授(経済学)は従兄。妻は村田インゲボルグ(1941 - ボン大学卒、東京農工大学外国人教師)。

著書[編集]

  • 『グーテン・ターク, ザビーネ!』第三書房、1972
  • 『ドイツその日その日 中級練習読本』第三書房、1973
  • 『ルートヴィヒ』劇書房、1981
  • トーマス・マン清水書院 Century books 人と思想、1991

共編著[編集]

  • 『標準ドイツ会話』村田インゲボルク共著 白水社、1970
  • 『ドイツ語第一歩』村田インゲボルク共編 白水社、1982
  • 『はじめてのドイツ語練習帳』編著 東洋出版、1991
  • 『標準ドイツ語の発音練習』改訂版 Benno Hallerstede共編著 朝日出版社、1992
  • 『作文と会話 その2』村田インゲボルク共編著 東洋出版、2001

翻訳[編集]

  • 『ドイツの文学 第3巻 (トーマス・マン)「ヴェルズングの血」「混乱と幼い悩み」「マーリオと魔術師」三修社、1966

参考[編集]

  • 『人事興信録』1995年
  • 村田經和教授 経歴および主な業績 学習院大学ドイツ文学会研究論集、2001
  • 訃報・学習院櫻友会