ローレンス・レイトン・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ローレンス・レイトン・スミスLawrence Leighton Smith, 1936年4月8日 - 2013年10月25日[1])はアメリカ合衆国指揮者ピアニストオレゴン州ポートランドに生まれる。

ポートランド州立大学でアリエル・ルビンシュタインに師事して1956年に学士号を取得した後、ニューヨークのマネス音楽大学でレナード・シュアーに師事して1959年に学士号を取得した。その後、1992年ルイビル大学で博士号を取得した。

1964年、ミトロプーロス国際指揮コンクールで優勝した。その後、メトロポリタン歌劇場准指揮者(1964-1967)、ウェストチェスター交響楽団音楽監督(1967-1969)、フェニックス交響楽団首席客演指揮者(1970-1973)、オースティン交響楽団英語版音楽監督(1972-1973)、オレゴン交響楽団音楽監督(1973-1980)、サンアントニオ交響楽団英語版音楽監督(1980-1985)、ノースカロライナ交響楽団英語版首席客演指揮者(1980-1981)、ルイビル交響楽団英語版音楽監督(1983-1994)を歴任した。ルイビル交響楽団には現在も桂冠指揮者として在籍している。また、ニュージャージー交響楽団英語版首席客演指揮者、サンディエゴのウェスト音楽アカデミー英語版音楽監督(1985-1993)、イェール大学フィルハーモニア管弦楽団芸術監督(1995-2004)を務めた。現在は、コロラド・スプリングス交響楽団音楽監督(2000- )と、新設のコロラド・スプリングス・フィルハーモニック英語版初代音楽監督(2003- )を兼任している。その他、オレゴン州のサンリバー音楽祭で17シーズンに渡り音楽監督を務めている。

また、アメリカ交響楽団ボルティモア交響楽団シンシナティ交響楽団ダラス交響楽団インディアナポリス交響楽団ミネソタ管弦楽団ニューヨーク・フィルハーモニックロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団セントルイス交響楽団など、アメリカ主要都市のオーケストラに客演歴を持つ。ヨーロッパとアジアにも客演した。

また伴奏ピアニストとして、フランコ・コレッリシェリル・ミルンズザラ・ネルソヴァルッジェーロ・リッチジェニー・トゥーレルレナータ・テバルディワルター・トランプラーピンカス・ズーカーマンらと共演した。

録音活動にも精力的に取り組んでおり、ルイビル交響楽団とウィリアム・ボルコムマルカントニオ・コンソーリジョン・コリリアーノブライアン・フェンリーソフィア・グバイドゥーリナカレル・フサオットー・ルーニングボリス・ピリンガンサー・シュラースティーブン・サバージョーン・タワー英語版らの作品を録音した。

コロラドスプリングスにて没。

受賞[編集]

  • ディッスン賞(コロンビア大学、1998年)

脚注[編集]

  1. ^ Colorado Springs Philharmonic conductor Lawrence Leighton Smith dead at 77

参考文献[編集]

  • Baker's Biographical Dictionary of Musicians (2001)
  • Colorado Springs Philharmonic [1]
  • Marquis Who's Who (2006)
先代:
ジャック・シンガー
オレゴン交響楽団音楽監督
1973–1980
次代:
ジェームズ・デプリースト