ピンカス・ズーカーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピンカス・ズーカーマンヘブライ語: פנחס צוקרמן‎, ラテン文字転写例: Pinchas Zukerman1948年7月16日 - )は、イスラエルテル・アヴィヴ生まれのヴァイオリン奏者。ヴィオラ演奏でもよく知られる。指揮者としての活動も行っている。現在はカナダで活躍し、1998年4月よりオタワ国立芸術センター管弦楽団(NACO)の音楽監督に就任している。姓はズッカーマンズカーマンとも表記される。

略歴[編集]

ポーランドユダヤ人の両親、イェフダ・ツケルマンとミリアム・リベルマンのもとテル・アヴィヴに生まれる。ヴァイオリニストの父親から手ほどきを受け、ヴァイオリンを始める。8歳でテル・アヴィヴ音楽院に入学する。12歳の時にイスラエル音楽祭での演奏をアイザック・スターンパブロ・カザルスに見いだされ、スターンの後見でジュリアード音楽院に留学する。ジュリアードでは名教師イワン・ガラミアン(アイヴァン・ガラミアン)に師事する。1967年レーヴェントリット国際コンクールで同門のチョン・キョンファと同時に第1位を取得し、以後、欧米各地でソロ活動を行う。ガラミアン門下ならではの美音が魅力で、アメリカヨーロッパで高い人気を得、とりわけイギリスでは大衆的な人気を得ている。

1974年ニュー・フィルハーモニア管弦楽団を振って指揮者デビューをして以来、指揮活動にも本格的に取り組んでいる。1980年から1987年までセントポール室内管弦楽団音楽監督を務めた。また、ダラス交響楽団イギリス室内管弦楽団にもしばしば客演をしている。ダニエル・バレンボイムイツァーク・パールマンとは個人的にも親しく、しばしば共演を重ねている。

ヴァイオリンのみならずヴィオラの演奏家としても知られ、室内楽では東京クヮルテットや、イツァーク・パールマンとの共演の録音を残し、またバルトークの協奏曲では1枚のCDにヴァイオリン協奏曲第2番ヴィオラ協奏曲の両方をカップリングしている。ヴァイオリン・ヴィオラ合わせ100点以上の録音があり、そのうち21点がグラミー賞にノミネートされ、2点が入賞した。

1985年に女優のチューズデイ・ウェルドと結婚するが、1998年に離婚した(ウェルドにとっては3度目の結婚だった)。現在は1998年より関係を続けてきたチェリストのアマンダ・フォーサイスと再々婚しており、NACOへの移籍も、アマンダ・フォーサイスとの仲がからんでいたと言われる。初婚のときにフルート奏者で作家のユージニア・ズーカーマンEugenia Zukerman)との間にもうけた2女のうち、アリアナ(Zukerman)はオペラ歌手に、ナターリア(Natalia Zukerman)はロック歌手になった。

2011年4月、福島第一原子力発電所事故による放射能への不安を理由に第16回宮崎国際音楽祭を辞退したジュリアン・ラクリンに代わり、「日本を元気づけたい」と出演を決定した[1]

脚注[編集]