レナータ・テバルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レナータ・テバルディ
Renata Tebaldi with Dina.jpg
レナータ・テバルディ(右側)
基本情報
出生名 Renata Ersilia Clotilde Tebaldi
生誕 1922年2月1日
出身地 イタリア王国の旗 イタリア
死没 (2004-12-19) 2004年12月19日(82歳没)
ジャンル オペラ
職業 歌手
活動期間 1944年 - 1976年

レナータ・テバルディRenata Ersilia Clotilde Tebaldi, 1922年2月1日 - 2004年12月19日)は、イタリアオペラ歌手(ソプラノ)。1950年代から1960年代にかけてのミラノスカラ座の黄金期に活躍し、20世紀後半におけるイタリア・オペラの代表的な歌手と見なされている。

イタリアのペーザロに生まれ、パルマのアリゴ・ボーイト音楽院でカルメン・メリスに学ぶ。1944年ロヴィーゴ劇場でボーイトの『メフィストーフェレ』のエレーナを歌いデビューした。1946年5月11日、戦災で破壊されたスカラ座の再開記念コンサートにおいてオーディションに応募、このとき大指揮者アルトゥーロ・トスカニーニに認められ、24歳の若さでデビューし好評を博す。これによりエレーナ(同上)、ミミ(『ラ・ボエーム』)などで出演の機会を得て成功を収める。その後イタリアだけでなく欧米各地のオペラ劇場に招かれ、歌手としての地位を揺るぎ無いものにした。

ロンドンコヴェント・ガーデン王立歌劇場に1950年、ニューヨークメトロポリタン歌劇場には1954年、それぞれ初舞台を踏んだ。とくにメトではデズデーモナ(ヴェルディの『オテロ』)が大好評で、以後常連出演者となった。

1950年代から1960年代にかけてイタリア・オペラ界でマリア・カラスと人気を二分する人気を得た。またマリオ・デル=モナコジュゼッペ・ディ・ステファノフランコ・コレッリジュリエッタ・シミオナートなどの名歌手と共演し、数々の名舞台とともに優れたレコード録音を行ったことも特筆すべきである。得意とした役柄はトスカマノン・レスコー、ミミ、アイーダ、デズデーモナ、レオノーラ(『運命の力』)、マッダレーナ(『アンドレア・シェニエ』)など。

カラスとはライバルとして敵対していたかのように言われることがあるが、それは熱狂的なファン同士の噂であり、本人同士は不仲であったわけではない。EMIの辣腕プロデューサーウォルター・レッグは二人を『ノルマ』で共演させることを望んだが、当時のレコード会社の専属契約や二人の多忙からこれを断念したと言う。

日本では1961年9月~11月に第3回NHKイタリア・オペラ公演で来日してマッダレーナおよびトスカを歌い、全盛期の歌唱で強い印象を残し、また1973年にも単独で来日しリサイタルを開いている。

1976年に現役を引退。2004年12月19日、サンマリノにある自宅で死去。82歳没。

出演オペラ[編集]

出典:[1]

ディスコグラフィ[編集]

オペラ全曲[編集]

  • 『ラ・ボエーム』(1951年、デッカ・レコード):アルベルト・エレーデ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 ジャチント・プランデッリ(ロドルフォ)、テバルディ(ミミ)、ジョヴァンニ・インギッレリ(マルチェッロ)、ヒルデ・ギューデン(ムゼッタ)、ラファエル・アリエ(コッリーネ)
  • 『蝶々夫人』(1951年、デッカ):アルベルト・エレーデ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(蝶々さん)、ジュゼッペ・カンポーラ(ピンカートン)、ジョヴァンニ・インギッレリ(シャープレス)、ネル・ランキン(スズキ)
  • 『トスカ』(1952年、デッカ):アルベルト・エレーデ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(トスカ)、ジュゼッペ・カンポーラ(カヴァラドッシ)、エンツォ・マスケリーニ(スカルピア)
  • 『アイーダ』(1952年、デッカ):アルベルト・エレーデ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(アイーダ)、マリオ・デル=モナコ(ラダメス)、エベ・スティニャーニ(アムネリス)、アルド・プロッティ(アモナスロ)
  • 『アンドレア・シェニエ』(1953年、チェトラ):アルトゥーロ・バジーレ指揮トリノ・イタリア放送交響楽団演奏 ホセ・ソレル(アンドレア)、テバルディ(マッダレーナ)、ウーゴ・サヴァレーゼ(カルロ)
  • 『マノン・レスコー』(1954年、デッカ):フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(マノン)、マリオ・デル=モナコ(デ・グリュー)、マリオ・ボリエッロ(レスコー)
  • 『オテロ』(1954年、デッカ):アルベルト・エレーデ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 マリオ・デル=モナコ(オテロ)、テバルディ(デズデーモナ)、アルド・プロッティ(イヤーゴ)
  • 『椿姫』(1954年、デッカ):フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(ヴィオレッタ)、ジャンニ・ポッジ(アルフレード)、アルド・プロッティ(ジョルジョ)
  • トゥーランドット』(1955年、デッカ):アルベルト・エレーデ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 インゲ・ボルク(トゥーランドット)、マリオ・デル=モナコ(カラフ)、テバルディ(リュー)、ニコラ・ザッカリア(ティムール)、フェルナンド・コレーナ(ピン)
  • 『運命の力』(1955年、デッカ):フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 マリオ・デル=モナコ(ドン・アルヴァーロ)、テバルディ(レオノーラ)、エットーレ・バスティアニーニ(ドン・カルロ)、ジュリエッタ・シミオナート(プレツィオジッラ)、チェーザレ・シエピ(修道院長)
  • イル・トロヴァトーレ』(1956年、デッカ):アルベルト・エレーデ指揮ジュネーヴ大劇場管弦楽団演奏 マリオ・デル=モナコ(マンリーコ)、テバルディ(レオノーラ)、ジュリエッタ・シミオナート(アズチェーナ)、ウーゴ・サヴァレーゼ(ルーナ伯爵)
  • 『アンドレア・シェニエ』(1957年、デッカ):ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 マリオ・デル=モナコ(アンドレア)、テバルディ(マッダレーナ)、エットーレ・バスティアニーニ(カルロ)、フィオレンツァ・コッソット(ベルシ)
  • カヴァレリア・ルスティカーナ』(1957年、RCAビクター):アルベルト・エレーデ指揮フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団演奏 ユッシ・ビョルリング(トゥリッドゥ)、テバルディ(サントゥッツァ)、エットーレ・バスティアニーニ(アルフィオ)
  • 『蝶々夫人』(1958年、デッカ):トゥリオ・セラフィン指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(蝶々さん)、カルロ・ベルゴンツィ(ピンカートン)、エンツォ・ソルデッロ(シャープレス)、フィオレンツァ・コッソット(スズキ)
  • 『西部の娘』(1958年、デッカ):フランコ・カプアーナ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(ミニー)、マリオ・デル=モナコ(ディック)、コーネル・マクニール(ジャック)
  • 『メフィストーフェレ』(1958年、デッカ):トゥリオ・セラフィン指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 チェーザレ・シエピ(メフィストーフェレ)、マリオ・デル=モナコ(ファウスト)、テバルディ(マルゲリータ)
  • 『アイーダ』(1959年、デッカ):ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏 テバルディ(アイーダ)、カルロ・ベルゴンツィ(ラダメス)、ジュリエッタ・シミオナート(アムネリス)、コーネル・マクニール(アモナスロ)
  • 『ラ・ボエーム』(1959年、デッカ):トゥリオ・セラフィン指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(ミミ)、カルロ・ベルゴンツィ(ロドルフォ)、エットーレ・バスティアニーニ(マルチェッロ)、ジャンナ・ダンジェロ(ムゼッタ)、チェーザレ・シエピ(コッリーネ)
  • 『トスカ』(1959年、デッカ):フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(トスカ)、マリオ・デル=モナコ(カヴァラドッシ)、ジョージ・ロンドン(スカルピア)
  • 『トゥーランドット』(1960年、RCAビクター):エーリヒ・ラインスドルフ指揮ローマ歌劇場管弦楽団演奏 ビルギット・ニルソン(トゥーランドット)、ユッシ・ビョルリング(カラフ)、テバルディ(リュー)、ジョルジョ・トッツィ(ティムール)、マリオ・セレーニ(ピン)
  • 『オテロ』(1961年、デッカ):ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏 マリオ・デル=モナコ(オテロ)、テバルディ(デズデーモナ)、アルド・プロッティ(イヤーゴ)
  • 『アドリアーナ・ルクヴルール』(1961年、デッカ):フランコ・カプアーナ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(アドリアーナ)、マリオ・デル=モナコ(マウリツィオ)、ジュリエッタ・シミオナート(ブイヨン公妃)
  • 外套』(1962年、デッカ):ランベルト・ガルデルリ指揮フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団演奏 ロバート・メリル(ミケーレ)、マリオ・デル=モナコ(ルイージ)、テバルディ(ジョルジェッタ)
  • 修道女アンジェリカ』(1962年、デッカ):ランベルト・ガルデルリ指揮フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団演奏 テバルディ(アンジェリカ)、ジュリエッタ・シミオナート(修道院長)
  • ジャンニ・スキッキ』(1962年、デッカ):ランベルト・ガルデルリ指揮フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団演奏 フェルナンド・コレーナ(ジャンニ)、テバルディ(ラウレッタ)、アゴスティーノ・ラッツァーリ(リヌッチョ)
  • ドン・カルロ』(1965年、デッカ):ゲオルク・ショルティ指揮ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団演奏 カルロ・ベルゴンツィ(ドン・カルロ)、テバルディ(エリザベッタ)、ニコライ・ギャウロフ(フィリッポ2世)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(ロドリーゴ)、グレース・バンブリー(エボリ公女)
  • 『ラ・ジョコンダ』(1967年、デッカ):ランベルト・ガルデルリ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 テバルディ(ジョコンダ)、カルロ・ベルゴンツィ(エンツォ)、ロバート・メリル(バルナバ)、マリリン・ホーン(ラウラ)
  • 『ラ・ヴァリー』(1968年、デッカ):ファウスト・クレヴァ指揮モンテカルロ国立歌劇場管弦楽団演奏 テバルディ(ヴァリー)、マリオ・デル=モナコ(ハーゲンバッハ)、ピエロ・カプッチルリ(ゲルナー)
  • 仮面舞踏会』(1970年、デッカ):ブルーノ・バルトレッティ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団演奏 ルチアーノ・パヴァロッティ(リッカルド)、テバルディ(アメリア)、シェリル・ミルンズ(レナート)、レジーナ・レズニック(ウルリーカ)、ヘレン・ドーナト(オスカル)

[編集]

外部リンク[編集]