ブルーノ・バルトレッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルーノ・バルトレッティ
Bruno Bartoletti
Bruno Bartoletti.jpg
基本情報
出生名 Bruno Bartoletti
生誕 1926年6月10日
イタリア王国の旗 イタリア王国 セスト・フィオレンティーノ
出身地 イタリアの旗 イタリア
死没 2013年6月9日
イタリアの旗 イタリア フィレンツェ
学歴 ルイジ・ケルビーニ音楽院
ジャンル オペラオーケストラフルート
職業 指揮者、フルート奏者
活動期間 1953年 - 2012年

ブルーノ・バルトレッティBruno Bartoletti, 1926年6月10日 - 2013年6月9日[1])はイタリア指揮者。イタリア・オペラと近代および現代作品を中心とするレパートリーを持ち、デビュー以来半世紀以上にわたってオペラコンサートの指揮者として活躍した。

来歴[編集]

ブルーノ・バルトレッティは1926年6月10日、トスカーナ州フィレンツェ県セスト・フィオレンティーノに生まれる。フィレンツェに出てルイジ・ケルビーニ音楽院英語版に進み、学内オーケストラの第2フルートのポジションを得たバルトレッティは、第二次世界大戦中の1941年にオーディションに合格してフルーティストとしての最初のコンサートを行った[2]。そのコンサートの観客の中には、ピアニストのアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリの姿もあった[2]。のちにはルイージ・ダッラピッコラにも師事し、『囚人英語版』の初演の手伝いにも携わった[2]。その後は指揮に転科し、1953年にフィレンツェでヴェルディリゴレット』を振ってデビューする[3]。この年には、同じセスト・フィオレンティーノ出身で1歳年下のロザンナ・サンドレッティと結婚し、ロザンナとは2011年に先立たれるまで58年間連れ添った[4]。3年後の1956年にはシカゴ・リリック・オペラ英語版でヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』を指揮してアメリカデビューを果たす[5][6]。バルトレッティとシカゴ・リリック・オペラの間は特に親密で、1964年には芸術監督の一人に就任し、1975年からはそのポストを単独で維持して1999年まで務めた[5][6]。シカゴでは592から600以上の公演を指揮し、取り上げた作品は少なくとも55作品におよんだ[5][6]。1991年にはプロコフィエフ賭博師英語版』のアメリカ初演を指揮している[3]

シカゴ以外では、1964年7月24日にヒナステラのオペラ『ドン・ロドリーゴ英語版』をブエノスアイレステアトロ・コロンで世界初演[3][7]。1965年から1973年まではローマ歌劇場音楽監督[3]。1967年にはNHKイタリア歌劇団で来日し、ドニゼッティランメルモールのルチア』を指揮した[8][9]。1985年から1991年にはフィレンツェ五月音楽祭の芸術監督を務め[3][10]、2007年-2008年のシーズンにヴェルディ『椿姫』でシカゴ・リリック・オペラにおける最後の公演を行ったあとはフィレンツェに戻り[6]、イタリアでの指揮活動および後進の指導にあたった。2009年にはフィレンツェの名誉市民に選出された[5]

主要レパートリーはイタリア・オペラのほか、ベルクの『ヴォツェック』と『ルル』、ヴァイルの『マハゴニー市の興亡英語版』といった現代作品も含まれている[10]

主なディスコグラフィ・フィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ a b c #OperaClick
  3. ^ a b c d e #Oxford
  4. ^ Rosanna Bartoletti 1927-2011” (英語). Lyric Opera of Chicago - FOR IMMEDIATE RELEASE. Lyric Opera of Chicago (2011年). 2013年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月8日閲覧。
  5. ^ a b c d #LyricOpera
  6. ^ a b c d #Playbill
  7. ^ Don Rodrigo (1963-64)” (英語). Boosey & Hawkes - Opera. Boosey & Hawkes. 2013年3月8日閲覧。
  8. ^ #NHKsocon2 pp.158-159
  9. ^ #クラシックジャーナル p.62
  10. ^ a b #Teatro Regio
  11. ^ There are 102 recordings on file in which the conductor is Bruno Bartoletti 1926-” (英語). Operadis-opera-Discography. Brian Capon. 2013年3月8日閲覧。
  12. ^ There are 102 recordings on file in which the conductor is Bruno Bartoletti 1926-” (英語). Operadis-opera-Discography. Brian Capon. 2013年3月8日閲覧。
  13. ^ #クラシックジャーナル p.69
  14. ^ There are 102 recordings on file in which the conductor is Bruno Bartoletti 1926-” (英語). Operadis-opera-Discography. Brian Capon. 2013年3月8日閲覧。
  15. ^ There are 102 recordings on file in which the conductor is Bruno Bartoletti 1926-” (英語). Operadis-opera-Discography. Brian Capon. 2013年3月8日閲覧。
  16. ^ There are 102 recordings on file in which the conductor is Bruno Bartoletti 1926-” (英語). Operadis-opera-Discography. Brian Capon. 2013年3月8日閲覧。
  17. ^ There are 102 recordings on file in which the conductor is Bruno Bartoletti 1926-” (英語). Operadis-opera-Discography. Brian Capon. 2013年3月8日閲覧。
  18. ^ There are 102 recordings on file in which the conductor is Bruno Bartoletti 1926-” (英語). Operadis-opera-Discography. Brian Capon. 2013年3月8日閲覧。

参考文献[編集]

サイト[編集]

印刷物[編集]

  • NHK交響楽団(編) 『NHK交響楽団五十年史』 NHK交響楽団、1977年
  • NHK交響楽団(編)「NHK交響楽団全演奏会記録2 戦後編・1(1945~1973)」、『Philharmony』第73巻第2号、NHK交響楽団、2001年
  • 中川右介(司会・構成)、武石英夫、松坂茂樹、小山正「座談会 伝説のイタリア・オペラ」 『クラシックジャーナル』32、アルファベータ、2008年、57-81頁。ISBN 978-4-87198-742-4
  • The Concise Oxford Dictionary of Opera - Google ブックス
  • Dictionnaire des interprètes, Alain Pâris, Robert Laffont, 1989.

外部リンク[編集]