ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦
ザ・キンクススタジオ・アルバム
リリース
録音 1970年4月 - 5月
ジャンル ロック
時間
レーベル イギリスの旗 パイ・レコード
アメリカ合衆国の旗 リプリーズ・レコード
プロデュース レイ・デイヴィス
専門評論家によるレビュー
 All Music Guide 4hvof5.svg link
ザ・キンクス 年表
アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡
(1969年)
ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦
(1970年)
パーシー
(1971年)
テンプレートを表示

ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦』(Lola versus Powerman and the Moneygoround, Part One)は、1970年にリリースされたザ・キンクスのアルバム。

本作はレイ・デイヴィスの自伝的作品と言える。駆け出しのロックシンガーが成功するものの、マネージメントのトラブルに加え、憧れのアメリカの現実に失望し、最後は自由に向かって暮らしていこうという、自らの体験と心境を吐露している。「マネーゴーラウンド」では当時のマネージャー、グレンヴィル・コリンズとロバート・ウェイスを実名で歌詞に登場させその契約を暴露している。

収録曲「ローラ」は、「ユー・リアリー・ガット・ミー」と並ぶキンクスの代表曲。都会に出てきたばかりの少年が、ローラと名乗る怪力の女性に誘惑されるが、実はローラは男だったというストーリー。歌詞には、「コカ・コーラの味がするシャンパン」、「電球のキャンドル・ライト」、といったフレーズが織り込まれており、「『本物』と『まがいもの』(『本物』なら、エラいのか?)」という問題を提起しているともとれる。

曲目[編集]

特筆無い限りレイ・デイヴィス作詞作曲。

Side 1
  1. 競争者 - The Contenders 2:42
  2. 見知らぬ人 - Strangers 3:19
  3. デンマーク・ストリート - Denmark Street 2:01
  4. ゲット・バック・イン・ザ・ライン - Get Back in the Line 4:01
  5. ローラ - Lola 4:11
  6. トップ・オブ・ザ・ポップス - Top of the Pops 3:39
  7. マネーゴーラウンド - The Moneygoround 1:46
Side 2
  1. ディス・タイム・トゥモロウ - This Time Tomorrow 3:21
  2. 家路はるかに - A Long Way From Home 2:26
  3. ラッツ - Rats 2:39
  4. エイプマン - Apeman 3:51
  5. パワーマン - Powerman 4:17
  6. 自由に向かって - Got to Be Free 3:01

1998年リマスター再発盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ローラ - Lola 4:04
  2. エイプマン - Apeman 3:38
  3. パワーマン - Powerman 4:23