ロベール・オッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Robert Hossein
ロベール・オッセン
ロベール・オッセン
本名 Robert Hosseinoff
生年月日 (1927-12-30) 1927年12月30日(89歳)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画俳優映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1948年 -
活動内容 1948年 映画に出演
1956年 監督デビュー
配偶者 マリナ・ヴラディ 1955年 - 1959年
キャロリーヌ・エリアシェフ 1963年 - ?
キャンディス・ パトゥ 1976年 -
主な作品
傷だらけの用心棒
愛と哀しみのボレロ
男と女II

ロベール・オッセンRobert Hossein, 1927年12月30日 - )は、フランスパリ出身の映画俳優映画監督である。本名はロベール・オッセノフ(Robert Hosseinoff)。

来歴[編集]

1927年(昭和2年)12月30日、フランスの首都パリに、サマルカンド出身の作曲家アンドレ・オッセンの子として生まれる。

クールなマスク、渋い低音、安定した演技力という3拍子を併せ持ち、1950年代を代表する2枚目スターとなる。また映画製作会社を設立し、脚本や監督なども手がけ、おもにマカロニ・ウエスタン犯罪映画系の作品に多く主演。知的な個性を全面に出し現在も息の長い活動を続けている。

代表作に『アンジェリク』シリーズ、『傷だらけの用心棒』、『愛と哀しみのボレロ』、『男と女II』などがある。監督作は15本ある。

日本で公開された出演作品[編集]

監督作品[編集]

外部リンク[編集]