ロジェ・アペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロジェ・アペリー(Roger Apéry, 1916年11月14日 - 1994年12月18日)は、ζ(3) (ζ: ゼータ関数)が無理数になるというアペリーの定理で有名なフランス人数学者である。

彼は1916年ルーアンで生まれ、1994年に病死した。生前はカーン大学に勤めていた。

1977年、彼は立方数の逆数和が無理数になるという証明で、思いがけず数学界に衝撃を与えた。それまで彼は、自分の名を広める定理が何一つとして無かったので、その輝かしい経歴にもかかわらず、自身を「フランスで最低な数学者」とうたっていた。

関連記事[編集]