ロコン山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロコン山
Lokon.JPG
標高 1,580[1] m
所在地  インドネシア
北スラウェシ州
位置 北緯1度27分12秒 東経125度1分51秒 / 北緯1.45333度 東経125.03083度 / 1.45333; 125.03083座標: 北緯1度27分12秒 東経125度1分51秒 / 北緯1.45333度 東経125.03083度 / 1.45333; 125.03083
種類 成層火山
最新噴火 2012
ロコン山の位置(インドネシア内)
ロコン山
ロコン山 (インドネシア)
ロコン山の位置(スラウェシ島内)
ロコン山
ロコン山 (スラウェシ島)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ロコン山(Mount Lokon)は、インドネシアスラウェシ島の北部にある、マナドから南へおおよそ10kmのところにある、エンプン山との双子火山である。互いは2.2km離れている。両方の山はトンダノ平原から上昇した、各々スラウェシ島の活火山である。ロコン山は、平らでクレーターのない山頂を有している[1]

ロコン山は、トンダノカルデラが中期更新世に崩壊して生じた環状断層の上に、安山岩質火山活動の間に形成された。最近噴出した物質は、組成物の中に安山岩が残存していて[2]、噴煙やあまり一般的ではない火砕流溶岩ドームで構成されている[1]

火山は、2011年7月15日に噴火して、何千人もの人々が強制的に避難させられた[3]

火山は、再び2012年2月10日に活動の兆候が現れた。噴火は午前8時20分に始まり[4]、同日、上空2マイルへ噴煙を上げた。地域住民は、火山の周囲2.5マイルの閉鎖区域から避難していた [5]

インドネシアには、ロコン山を含め129個の火山がある。最後の大噴火の前の1991年の噴火では、スイス人のハイカーが死亡し、何千もの人々が住宅から逃げることを強いられた[6]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Lokon-Empung - Smithsonian Institution: Global Volcanism Program