ロクロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロクロワ
Rocroi
Blason ville fr Rocroi (Ardennes).svg
Rocroi vu du ciel.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) Drapeau fr département Ardennes.svg アルデンヌ県
(arrondissement) シャルルヴィル=メジエール郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 08367
郵便番号 08230
市長任期 ドゥニ・ビネ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Val et Plateau d'Ardenne
人口動態
人口 2,422人
2011年
人口密度 48人/km2
住民の呼称 Rocroyens/Rocroyennes
地理
座標 北緯49度55分34秒 東経4度31分20秒 / 北緯49.9261111111度 東経4.52222222222度 / 49.9261111111; 4.52222222222座標: 北緯49度55分34秒 東経4度31分20秒 / 北緯49.9261111111度 東経4.52222222222度 / 49.9261111111; 4.52222222222
標高 平均:385m
最低:m
最高:m
面積 50.41km2 (5 041ha)
ロクロワRocroiの位置(フランス内)
ロクロワRocroi
ロクロワ
Rocroi
テンプレートを表示

ロクロワフランス語: Rocroi)は、フランスグラン・テスト地域圏アルデンヌ県コミューンヴォーバンによって設計された星型の要塞としての自治体の形と、1643年ロクロワの戦いで知られている。

地理[編集]

ベルギー国境に近いロクロワは、シャルルヴィル=メジエールの北西28km、シャルルロワの60km南に位置する。

町は、町の名を冠したロクロワ台地の上にある。この台地は古生代カンブリア紀の硬い構造となっている。

由来[編集]

ロクロワという名は、『ラウルの交差路』(la croisée de Raoul)を意味する。ラウルとは13世紀のこの地の領主の名である。17世紀、ロクロワ周辺の領土ほとんどをルイ13世が購入し、コミューンの地位を得て新たな意味が加わった。『王の岩』(la Roche du Roy)という意味を持つRoc-royである。フランス革命が起きると『自由の岩』を意味するロク=リーブル(Roc-Libre)と改名された。

歴史[編集]

ロクロワを要塞化したのはフランソワ1世で、それをさらに拡張したのはアンリ2世である。ユグノー戦争中の1588年には、ユグノー軍によって陥落させられている。

1643年に起きたロクロワの戦いでは、フランスの将軍アンギャン公(後のコンデ公ルイ2世)が指揮するフランス軍がスペイン軍に輝かしい勝利をおさめた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
2 870 2 997 2 911 2 789 2 555 2 420 2 365

[1][2][3]

出身者[編集]

  • アンリ・カナール(1836-1894) - セネガル総督
  • アルテュール・チュケ(1853-1925) - 歴史家
  • アンドレ・ヴィエノ(1901-1976) - 政治家。フランス第四共和政の数少ない女性閣僚として、若者・スポーツ担当相を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ Recensement de 2006 des communes des Ardennes
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/ Population par commune avant 1962 (résultats publiés au journal officiel ou conservés aux archives départementales)
  3. ^ INSEE : Population depuis le recensement de 1962