ロキレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Locquirec
Locquirec plage.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) モルレー郡
小郡 (canton) ランムール小郡
INSEEコード 29133
郵便番号 29241
市長任期 グウェノレ・ギヨマルシュ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du Pays de Morlaix
人口動態
人口 1 436人
2011年
人口密度 241人/km2
住民の呼称 Locquirécois, Locquirécoise
地理
座標 北緯48度42分 西経3度39分 / 北緯48.7度 西経3.65度 / 48.7; -3.65座標: 北緯48度42分 西経3度39分 / 北緯48.7度 西経3.65度 / 48.7; -3.65
標高 平均:m
最低:0m
最高:78 m
面積 5.96km2
Locquirecの位置(フランス内)
Locquirec
Locquirec
公式サイト site officiel
テンプレートを表示

ロキレックLocquirecブルトン語:Lokireg)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地理[編集]

ロキレックの浜

ロキレックは、イギリス海峡に面した小さな海辺の町で、フィニステール県とコート=ダルモール県の境に位置している。町はランニオン湾に伸びた半島に位置している。ロキレックの岬からは、コート・ド・グラニ・ローズ(ピンク色の花崗岩海岸)の西側全体、ミリオー島からプレスタン=レ=グラーヴトレブールダンサン=ミシェル=アン=グラーヴトレデュデルが眺められる。

町は教会とマリーナを中心に構成される。数箇所の砂浜がある。どんな風向きになっても砂浜に待避所を見つけることができる。

ロキレック湾はドゥロン川の河口となっており、フィニステール県とコート=ダルモール県の県境となっている。

歴史[編集]

ブルトン聖人と崇められる聖ギレックは、最善にして最も高潔な宗教家70人のうちの1人だった。彼はウェールズにあった聖テュグデュアルの修道院内に庵を構えていた。彼はアルモリカの時代に海峡を渡った。伝説によれば、彼はプルマナックの浜に上陸したという。彼は一時トレギエの修道院で暮らした。彼は14人の同志とともに、ケルフントゥン(現在のランムール近く)に新たに修道院を創設した[1]。彼はそこで6年間、長として運営に携わったあとに後進にその座を譲り、自らはプルダニエル教区の小さく暗い谷の中にこもった。谷は彼にちなみTraoun-Guevroc、すなわちGuevrocの谷と呼ばれた[2]。彼はそこに小さな礼拝堂を建て、禁欲と孤独の2年間を過ごした。ギレックは司教座の長たる聖ポル・オレリアンの訪問を受け、強い決意を持ってオクシスモル(現在のサン=ポル=ド=レオン)の町へ向かった。

中世のロキレックはランムールの小教区で、トレギエ司教区の飛び地であった。ランムールの司祭区はドル司教座のもとにあり、聖ジャックを守護聖人としていた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
972 965 1035 1059 1226 1293 1405 1436

参照元:1999年までEHESS[3]、2004年以降INSEE[4][5]

ギャラリー[編集]

ゆかりの人物[編集]

  • ミシェル・モール(fr) - 2011年に没するまでアカデミー・フランセーズ座席番号33だった小説家。ロキレックに別荘を持ち、たびたび滞在していた。
  • ジャン・クリストフ・カサール - 歴史家。ロキレックに在住し、当地で死没。
  • ジャン・ピエール・リウ(fr) - シンガーソングライター。ロキレック在住

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ La création du monastère de fr:Lanmeur est attribuée à saint Samson
  2. ^ Albert Le Grand, Les vies des saints de la Bretagne Armorique : ensemble un ample catalogue chronologique et historique des evesques d'icelle... et le catalogue de la plupart des abbés, blazons de leurs armes et autres curieuses recherches, 5ème édition, 1901, revue et corrigée par Guy Autret, consultable http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k5038760/f81.image.r=Ploudaniel
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=19795
  4. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  5. ^ http://www.insee.fr