レヴォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レヴォ
Revò
レヴォの風景
Casa Campia
行政
イタリアの旗 イタリア
トレンティーノ=アルト・アディジェ州の旗 トレンティーノ=アルト・アディジェ
県/大都市 Blank.png トレント
CAP(郵便番号) 38028
市外局番 0463
ISTATコード 022152
識別コード H254
分離集落 Tregiovo
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
地震分類 zona 4 (sismicità molto bassa)
気候分類 zona F, 3520 GG
公式サイト リンク
人口
人口 1,278 [1](2019-01-01)
人口密度 95.1 人/km2
文化
住民の呼称 revodani
守護聖人 聖ステーファノ
(Santo Stefano)
祝祭日 12月26日
地理
座標 北緯46度23分30.52秒 東経11度03分34.82秒 / 北緯46.3918111度 東経11.0596722度 / 46.3918111; 11.0596722座標: 北緯46度23分30.52秒 東経11度03分34.82秒 / 北緯46.3918111度 東経11.0596722度 / 46.3918111; 11.0596722
標高 724 (527 - 1566) [2] m
面積 13.44 [3] km2
レヴォの位置(イタリア内)
レヴォ
レヴォの位置
トレント自治県におけるコムーネの領域
トレント自治県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

レヴォイタリア語: Revò)は、イタリア共和国トレンティーノ=アルト・アディジェ州トレント自治県に存在した、人口約1,300人の基礎自治体コムーネ)。

2020年1月1日にブレツカニョクロツロマッロと合併してノヴェッラの一部となった。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トレント自治県北西部、サンタ・ジュスティーナ湖(Santa Giustina)に面した、ヴァル・ディ・ノンイタリア語版ノン渓谷、Val di Non)に位置する。ヴァル・ディ・ノンの中心地であるクレスから北北東へ4km、ボルツァーノから西南西へ26km、県都トレントから北へ36km、ソンドリオから東北東へ94kmの距離にある[4]

この土地はより旧いとがった屋根の鐘楼と少し傾斜のある四角い屋根の2つの鐘楼で遠くから識別出来る。

隣接コムーネ[編集]

コムーネとしてのレヴォは、以下のコムーネと隣接していた。括弧内のBZはボルツァーノ自治県所属を示す。

行政[編集]

Comunità di valle[編集]

トレント自治県が設置した広域行政組織 Comunità di valle 「ヴァル・ディ・ノン」it:Comunità della Val di Non(事務所所在地: クレス)に属する。

経済[編集]

レヴォの経済はゴールデン・デリシャス種を主体としたリンゴ栽培を基本としている。 トレジョーヴォ(Tregiovo)地区では、牧場が多く、牛の牧畜を行いその牛乳はチーズ工場で加工されレヴォに送られる。 湖に面した地区には、ブドウ畑がある。

住民[編集]

言語[編集]

少数言語話者の割合(2011年)[5]
ラディン語
  
25.9%
モケーニ語
  
0.0%
チンブロ語
  
0.0%

2011年10月9日に行われた国勢調査によれば、住民1261人中326人(25.9%)がラディン語話者であった[5]

交通[編集]

レヴォは、トナーレ峠とメンドラ峠を結ぶ国道42号の途中にある。

レヴォからマレの国道と、トレンティーノ・トラスポルティの鉄道駅のあるクレスからマレへ向かう湾曲の少ない道がつくられたが、輸送の線は完全には繋がっていない。

レヴォからは、さらにウルティモ渓谷方面へ続く道も出ていて、ラウレーニョ、トレジョーヴォ、プローヴェスメラーノ、さらにノヴェッラ川(Novella)を横切り、ダンベルとCasezをつなぐ道とを結んでいる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]