レフ・メフリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レフ・ザハロヴィッチ・メフリスロシア語: Лев Захарович Мехлис1889年1月1日 - 1953年2月13日)は、ソ連共産党の活動家、ソ連の政治家、軍人(政治将校)。大将。国家監督相(1946年~1950年)。

経歴[編集]

オデッサ出身。ユダヤ人。

1918年から共産党員となり、赤軍の政治業務に就く。1921年~1926年、労農監察人民委員部と党中央委員会で働く。1930年、赤色教授大学を卒業し、党中央委員会出版課主任となり、「プラウダ」紙の編集長となった。1934年から党中央委員会委員候補、1937年から中央委員。1937年~1940年、赤軍政治宣伝総局長兼副国防人民委員。1938年1月~1952年10月、党中央委員会組織局員。1940年~1941年、国家監督人民委員兼人民委員会議副議長。

1941年~1942年、労農赤軍政治総局長兼副国防人民委員。1942年から各軍、戦線及び沿カルパチア軍管区の軍事会議議員。

1946年、国家監督相となり、1950年、健康上の理由により退任した。第1期~第2期ソ連最高会議代議員。死後、赤の広場に葬られた。