レイクウォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レイクウォン
Raekwon
Raekwon at the Pitchfork Music Festival (cropped).jpg
レイクウォン(2010年)
基本情報
出生名 コーリー・ウッズ
Corey Woods
別名 Lex Diamonds
Raekwon The Chef
Shallah Raekwon
生誕 (1970-01-12) 1970年1月12日(52歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ブルックリン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨークシティ スタテンアイランド
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー、ソングライター、俳優
活動期間 1991年 -
レーベル
共同作業者 ウータン・クランファット・ジョー、スクラム・ジョーンズ、カポン・アンド・ノリエガ、カニエ・ウェスト、ダヴィーナ

レイクウォンRaekwon、本名: コーリー・ウッズ、1970年1月12日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン出身のラッパーヒップホップアーティストウータン・クランの一員。

ジーニアスことGZAゴーストフェイス・キラーと共演で、作品を発表してきた。1995年に初のソロ・アルバム『オンリー・ビルト・フォー・キューバン・リンクス』を発表し、ウータン・クランと並行してソロ活動でも知られている。

来歴[編集]

レイクウォン(左)とゴーストフェイス・キラー(右)(2010年)

レイクウォンは、ゴーストフェイス・キラーと同じスタテンアイランドの中学校に通う。その後、ニュー・ドープ高校に通い、レメディ、メソッド・マンインスペクター・デックと親しくなった[2]

1992年にニューヨークのヒップホップ・グループ、ウータン・クランに加入する。その前はシャー・レイダー(Sha Raider)というラップネームで活動していた。彼はRaekwon The Chefという名のほかに、Shallah Raekwon、Louis Rich、Lex Diamondsという別名で活動していた[3]。ウータン・クランは、1993年にアルバム『燃えよウータン (Enter the Wu-Tang (36 Chambers))』でデビューする[4]

1995年にはソロ・デビュー・アルバム『オンリー・ビルト・フォー・キューバン・リンクス』を発表した[5]

人物[編集]

ピッチフォーク・フェスティバルに出演するレイクウォン(2010年)

レイクウォンは2009年にイスラム教に改宗したムスリムである[6]

著書『ウータン・マニュアル』の中で、RZAは、レイクウォンが実際に料理人として働いたことがあることから「シェフ」というあだ名がつけられていると語っている。ただし、彼が料理するのはコカインだという噂もある。この話は、ゴーストフェイス・キラーのアルバム『フィッシュスケイル』に、彼が鼻から麻薬を吸う写真が添えられていたことで、より根強いものとなった。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『オンリー・ビルト・フォー・キューバン・リンクス』 - Only Built 4 Cuban Linx... (1995年)
  • 『IMMOBILARITY』 - Immobilarity (1999年)
  • 『ザ・レックス・ダイアモンド・ストーリー』 - The Lex Diamond Story (2003年)
  • Only Built 4 Cuban Linx... Pt. II (2009年)
  • Shaolin vs. Wu-Tang (2011年)
  • Fly International Luxurious Art (2015年)
  • 『ザ・ワイルド』 - The Wild (2017年)
  • Scarlet Fever (2022年)

コラボレーション・アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Rys, Dan (2015年9月30日). “22 Aftermath Artists Who Have Left The Label”. XXL Magazine. 2019年9月25日閲覧。
  2. ^ Rhymes and Remembrance” (英語). New Voices (2002年2月21日). 2020年11月27日閲覧。
  3. ^ Wu-Tang Clan | Biography, Albums, Streaming Links” (英語). AllMusic. 2020年11月27日閲覧。
  4. ^ Clan in Da Back: The Behind-the-Scenes Oral History of ‘Enter the Wu-Tang (36 Chambers)’”. Spin (2013年11月5日). 2020年11月27日閲覧。
  5. ^ Raekwon | Biography, Albums, Streaming Links” (英語). AllMusic. 2020年11月27日閲覧。
  6. ^ Raekwon Interview - Wheel Scene”. web.archive.org (2015年9月23日). 2020年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]