ルドルフ・シャドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルドルフ・シャドウ
Ridolf Schadow
Carl Christian Vogel von Vogelstein - Rudolph Schadow.jpg
生誕 1786年7月9日
イタリア,ローマ
死没 1802年12月27日
イタリア,ローマ

ルドルフ・シャドウ(Karl Zeno Rudolf (Ridolfo) Schadow、1786年7月9日 - 1822年1月31日)はドイツの彫刻家である。彫刻家、ヨハン・ゴットフリート・シャドウ(1764-1850)の息子である。

略歴[編集]

彫刻家トルバルセン(中央)とシャドウ兄弟、左がルドルフ。背景の彫刻はルドルフの『サンダルを履く女』
(画)F.W.シャドウ

ローマで、ベルリン出身の彫刻家、ヨハン・ゴットフリート・シャドウの長男に生まれた。弟にフリードリッヒ・ヴィルヘルム・シャドウ、異母弟にフェリックス・シャドウがいる。ベルリンで育ち父親から美術教育を受けた。1810年に弟のフリードリッヒ・ヴィルヘルムとローマに修行に出て、ドイツ出身の彫刻家クリスチアン・ダニエル・ラウフ(Christian Daniel Rauch)のスタジオで学んだ。弟たちのフリードリッヒ・ヴィルヘルムとフェリックスは彫刻から絵画に転じたが、ルドルフは彫刻の道を進んだ。1812年に最初の彫刻作品、「パリスの像」をベルリンのアカデミーに出展した。この作品にはローマ在住のデンマークの彫刻家ベルテル・トルバルセンの影響が見られる。ベルリンにしばらく戻った後、1812年にラウフと再びローマに移った。1814年にはカソリックに改宗した。1818年にはデュッセルドルフ美術アカデミーの教授となることを要請されたが、辞退してローマに残ることを選んだ。

1822年にローマで没した。36歳であった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • von Donop: Schadow, Ridolfo. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 30, Duncker & Humblot, Leipzig 1890, S. 513–515.
  • Brigitte Schmitz: „Rudolf Schadow. Ein Lyriker unter den klassizistischen Bildhauern“. In: Zeitschrift Bildende Kunst Heft 7, 1986, Hrsg. Verband Bildender Künstler der Deutschen Demokratischen Republik, S. 321–322, 3 Abb.
  • Götz Eckardt: Ridolfo Schadow. Ein Bildhauer in Rom zwischen Klassizismus und Romantik. Hrsg. von Dorette Eckardt, Jutta von Simson und Bernd Ernsting, 176 S., 120 Abb., Werkverzeichnis der Bildwerke (65 Hauptnummern) und Handzeichnungen, Dokumentation, Kurzbiographie, Bibliographie; 2000 (LETTER Schriften Bd. 13), ISBN 3-930633-11-6
  • Thomas Blisniewski: „… und schafft mit emsigen Händen“ – Weibliche Handarbeiten in Werken von Rudolf Schadow, Carl Joseph Begas und Johann Anton Ramboux im Wallraf-Richartz-Museum – Fondation-Corboud. In: Kölner Museums-Bulletin. Berichte und Forschungen aus den Museen der Stadt Köln (3) 2001, S. 4–18.