ヨハン・ゴットフリート・シャドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴットフリート・シャドウ
(画)ユリウス・ヒューブナー

ヨハン・ゴットフリート・シャドウ(Johann Gottfried Schadow、1764年5月20日 - 1850年1月27日)は、ドイツ彫刻家である。

略歴[編集]

ベルリンの仕立て屋の息子に生まれた。幼い頃から絵の才能を見せ、1776年から絵を学び始めたが1778年に彫刻に転じ、フランドル出身のプロイセンの宮廷彫刻家のジャン=ピエール=アントワーヌ・タサエールの弟子になった。1778年からプロイセン王立芸術アカデミーで学んだ。

師のタサエールのお気に入りの弟子となり、娘のアンリエット=フェリシテ・タサエールと結婚して宮廷彫刻家の地位を継ぐことを望まれたが、すでに恋人ができていて、1785年にシャドウは恋人とイタリアに移った。ヴェネツィアフィレンツェを経てローマに移り、しばらくスイス出身の彫刻家アレクサンダー・トリッペル(de:Alexander Trippel)の工房で働いた。翌年、アカデミーの賞を得た。ローマでは新古典主義のドイツの画家、ハインリヒ・フリードリヒ・フューガーオーストリア出身の彫刻家、フランツ・アントン・ツァウナー(de:Franz Anton von Zauner)、イタリアの彫刻家、アントニオ・カノーヴァらと友人になった。1785年に結婚した最初の妻との間にルドルフ(Rudolf Schadow:1786-1822)とフリードリッヒ・ヴィルヘルム(Friedrich Wilhelm von Schadow:1788-1862)が生まれ、ルドルフは後に彫刻家となり、フリードリッヒ・ヴィルヘルムは画家となった。

1787年にベルリンに戻った。ベルリンでは、ベルリン王立磁器製陶所の陶磁器の絵付けなどもした。1788年に彫刻の師であったタサエールが亡くなり、タサエールの最後の仕事を引き継ぎ、プロイセン美術アカデミーの会員に選ばれ、教授に任じられた。

1805年に美術アカデミーの副会長になり、1814年にベルリン芸術家協会(de:Berlinischen Künstlerverein)を設立し、議長になった。1816年にプロイセン王立芸術アカデミーの校長になった。1815年に最初の妻が亡くなり、1817年に再婚した。2番目の妻との間に4人の子供が生まれ、その中でフェリックス・シャドウ(1819-1861)は画家になった。政治にも関心を持ち1827年にベルリンの代議員になった。1836年頃から目を痛め彫刻の仕事はしなくなった。1839年に75歳で引退した。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Gottfried Schadow, Julius Friedländer (Hrsg.): Aufsätze und Briefe. Düsseldorf 1864
  • Lionel von Donop: Schadow, Johann Gottfried. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 30, Duncker & Humblot, Leipzig 1890, S. 498–512.
  • Schadow, 1) Johann Gottfried. In: Meyers Konversations-Lexikon. 4. Auflage. Band 14, Verlag des Bibliographischen Instituts, Leipzig/Wien 1885–1892, S. 377.
  • Hans Mackowsky: Schadows Graphik. Berlin 1936 (Forschungen zur deutschen Kunstgeschichte 19)
  • Hans Mackowsky, Paul Ortwin Rave (Hrsg.): Die Bildwerke Johann Gottfried Schadows. Berlin 1951
  • Kurt Magritz: Johann Gottfried Schadow (Zu seinem 190. Geburtstag am 20. Mai 1954). In: Deutsche Architektur Heft 3 Jahrgang 1954, S. 124–127
  • Peter Bloch, Sibylle Einholz, Jutta von Simson (Hrsg.): Ethos und Pathos. Die Berliner Bildhauerschule 1786–1914. Ausstellungskatalog Berlin (Museum Hamburger Bahnhof) 1990, 1. Bd. Katalog, 2. Bd. Aufsätze und Kurzbiographien
  • Götz Eckardt: Johann Gottfried Schadow (1764–1850): Der Bildhauer. Leipzig 1990. ISBN 3-363-00408-7
  • Ulrike Krenzlin: Johann Gottfried Schadow. Ein Künstlerleben in Berlin. Stuttgart – Berlin 1990. ISBN 3-345-00467-4
  • Bernhard Maaz (Hrsg.): Johann Gottfried Schadow und die Kunst seiner Zeit: Kunsthalle Düsseldorf [5. November 1994 – 29. Januar 1995], Germanisches Nationalmuseum, Nürnberg, [30. März – 18. Juni 1995], Nationalgalerie Berlin [14. Juli – 24. September 1995]. Mit Beitr. von Peter Bloch… [et al.], Köln 1994
  • Beate Christine Mirsch: Anmut und Schönheit. Schadows Prinzessinnengruppe und ihre Stellung in der Skulptur des Klassizismus. Berlin 1998, ISBN 978-3-87157-179-4
  • Günter de Bruyn: Preußens Luise. Vom Entstehen und Vergehen einer Legende. Berlin 2001
  • Knut Brehm, Bernd Ernsting, Wolfgang Gottschalk, Jörg Kuhn: Stiftung Stadtmuseum Berlin, Katalog der Bildwerke 1780-1920. (LETTER Schriften), Köln 2003
  • Jutta von Simson: Schadow, Johann Gottfried. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 22, Duncker & Humblot, Berlin 2005, ISBN 3-428-11203-2, S. 496–498 (Digitalisat).
  • Sibylle Badstübner-Gröger, Claudia Czok, Jutta von Simson, Rüdiger Beckmann (Hrsg.): Johann Gottfried Schadow. Die Zeichnungen. Mit einem einführenden Essay von Werner Hofmann. 3 Bände, Berlin 2006. ISBN 978-3-87157-190-9
  • Bernhard Maaz (Hrsg.): Nationalgalerie Berlin, Katalog der Bildwerke, Das XIX. Jahrhundert. 2 Bde., Leipzig/Berlin 2006
  • Thomas Blisniewski: Johann Gottfried Schadow. Die Zeichnungen. Deutscher Verlag für Kunstwissenschaft, Berlin 2006, in: sehepunkte 7 (2007), Nr. 5 vom 15. Mai 2007 (Online)
  • Reimar Lacher: Schadows Prinzessinnengruppe. Die schöne Natur. Story Verlag, Berlin 2007, ISBN 978-3-929829-67-9
  • Stiftung Stadtmuseum Berlin und Schadow Gesellschaft Berlin e. V. (Hrsg.): Unser Schadow. Gratulationen zum 250. Geburtstag. Ausstellungskatalog, Berlin, 2014