ルイーズ・オブ・グレート・ブリテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーズ・オブ・グレートブリテン

ルイーズ・オブ・グレートブリテン:Louise of Great Britain, 1724年12月7日 - 1751年12月19日)は、デンマークノルウェーフレゼリク5世の最初の王妃。デンマーク語名ではルイーセ・ア・ストアブリタニエン(Louise af Storbritannien)と呼ばれた。

イギリス王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)ジョージ(のちのジョージ2世)と妃キャロラインの末娘として、ロンドンのレスターハウスで誕生した。

1743年12月に、デンマーク王太子フレゼリクと結婚。2人の間には7子が誕生したが、うち2人は夭折した。

ルイーズは、夫に先だって1751年に亡くなり、ロスキレ大聖堂に葬られた。