ヴィルヘルミーネ・カロリーネ・ア・ダンマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィルヘルミーネ・カロリーネ・ア・ダンマーク
Vilhelmine Caroline af Danmark
1747 Wilhelmine.jpg
ヘッセン選帝侯妃ヴィルヘルミーネ・カロリーネ
出生 (1747-07-10) 1747年7月10日
 デンマークコペンハーゲンクリスチャンスボー宮殿
死去 (1820-01-14) 1820年1月14日(72歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国カッセル
配偶者 ヘッセン選帝侯ヴィルヘルム1世
子女 マリー・フリーデリケ
カロリーネ・アマーリエ
フリードリヒ
ヴィルヘルム2世
父親 デンマークノルウェーフレゼリク5世
母親 ルイーズ・オブ・グレート・ブリテン
テンプレートを表示

ヴィルヘルミーネ・カロリーネ・ア・ダンマーク: Vilhelmine Caroline af Danmark, 1747年7月10日 - 1820年1月14日)は、デンマーク=ノルウェーフレゼリク5世とその最初の妃でイギリスジョージ2世の娘であるルイーズとの間に生まれた次女。ヘッセン選帝侯ヴィルヘルム1世に嫁いだ。ドイツ語名はヴィルヘルミーネ・カロリーネ・フォン・デーネマルク(Wilhelmine Karoline von Dänemark)。

生涯[編集]

1764年9月1日、カロリーネはクリスチャンスボー宮殿において、ヘッセン=カッセル方伯家の世子ハーナウ伯のヴィルヘルムと結婚した。ヘッセン=カッセル家は最も裕福なドイツ諸侯の一つであった。カロリーネとヴィルヘルムは母方の従兄妹同士で、さらにヴィルヘルムは1755年よりコペンハーゲン宮廷でカロリーネや彼女の兄弟と一緒に育っており、2人の結婚はかなり以前から決められていた。

夫のヴィルヘルムは1785年にヴィルヘルム9世としてヘッセン=カッセル方伯位を継ぎ、1803年にはヘッセン選帝侯ヴィルヘルム1世となった。カロリーネは冷淡な雰囲気の美女だったと言われるが、夫の絶え間ない浮気癖と彼の愛妾たちの増長に悩まされ、不幸な結婚生活を送った。1806年から1813年までヴェストファーレン王国がヘッセン選帝侯領を併合していたときは、シュレースヴィヒプラハで亡命生活を送った。

子女[編集]