リンス (ブラジル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リンス
Lins
リンス市中心部の景観
リンス市中心部の景観
リンスの市旗 リンスの市章
市旗 市章
愛称 : "Princesa da Noroeste"(北西のプリンセス)
"Cidade das Escolas"(学園都市)
位置
の位置図
座標 : 南緯21度40分43秒 西経49度44分33秒 / 南緯21.67861度 西経49.74250度 / -21.67861; -49.74250
歴史
建設 1920年4月21日
旧名 サントアントニオ・ド・カンペストレ(Santo Antônio do Campestre)
行政
ブラジルの旗 ブラジル
 地域 南東部
 州 サンパウロ州
 市 リンス
市長 Edgar de Souza(2013-2016)
ブラジル社会民主党
地理
面積  
  市域 570,058[1] km2
標高 437 m
人口
人口 (2010年現在)
  市域 71,432[1]
    人口密度   124,98人/km2
公式ウェブサイト : Prefeitura Lins

リンス(Lins)とはブラジルサンパウロ州中西部に位置する都市である。住人、出身者の呼称は「リネンセ(linense)」である。

歴史[編集]

20世紀初頭、カンペストレ川とサントアントニオチャペルCapela de Santo Antônio)にちなみ、集落はサントアントニオ・ド・カンペストレと呼ばれていた。1908年、この地にノロエステ鉄道pt:Estrada de Ferro Noroeste do Brasil)が開通し、それに伴ない地名を当時のサンパウロ州統領アルブケルケ・リンス(Albuquerque Lins)と同じリンスと改名した。[2]

1913年、リンスはバウル市の行政区画に昇格する。1919年、リンス小教区が設置される。翌20年4月21日、市として独立する。[2]

リンス管内に日本移民が初めて入植したのは1916年、バルボーザ植民地においてとされている。[3]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Lins » infográficos: dados gerais do município”. São Paulo. IBGE. 2015年3月5日閲覧。
  2. ^ a b Lins » infográficos: histórico”. São Paulo. IBGE. 2015年3月5日閲覧。
  3. ^ 瀬尾正弘 『この人と足跡:新世紀に橋を架けたコロニアの群像』 ニッケイ新聞社1999年、206頁。

外部リンク[編集]