オーム乳業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リンゴ牛乳から転送)
Jump to navigation Jump to search
オーム乳業株式会社
Omu milk products co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
836-0895
福岡県大牟田市新勝立町1丁目38番地1
設立 1934年昭和9年)12月
業種 食料品
法人番号 3290001053759
事業内容 牛乳生クリームチーズなど乳製品の製造・販売
代表者 永利嘉浩(代表取締役社長
資本金 9千万円
主要株主 不二製油 (100%)
外部リンク http://www.omubrand.co.jp/
特記事項:東京オフィス:東京都調布市布田2丁目35番地1石原ビル2F
テンプレートを表示

オーム乳業株式会社(オームにゅうぎょう)は、福岡県大牟田市に本社を置く乳製品メーカー。不二製油の100%子会社である。
かつては牛乳や乳飲料の製造販売、アイスクリームのOEM販売などをしていたが、現在は生クリームを主力としている。

沿革[編集]

  • 1934年 - 大牟田牛乳株式会社創立
  • 1965年 - 現社名に変更
  • 1970年 - 福岡市屋形原に「福岡営業所」を設置
  • 1971年 - 「福岡営業所」を福岡市博多区金隅に移設。生クリームの製造販売を始める。
  • 1980年 - 「佐賀営業所」および「鹿児島営業所」を設置
  • 1986年 - 福岡県酪連(現:ふくおか県酪農業協同組合)と「福岡・オーム乳業株式会社国産ナチュラルチーズ需要開発団体」を設立
  • 1989年 - 「東京営業所」設置
  • 1992年 - 鹿児島工場開設。開発部設置
  • 1995年 - 関東工場開設
  • 1997年 - ヘルシーフード事業部設置
  • 2001年 - 東京営業所 事務所移転
  • 2003年 - 福岡オフィス開設
  • 2012年 - 発行済の全株式を不二製油へ譲渡し、同社の100%子会社となる。

リンゴ牛乳[編集]

オームリンゴ
販売会社 オーム乳業株式会社
種類 乳製品
販売開始年 1963年
販売終了年 2012年
完成国 日本の旗 日本
特記事項:
福岡県内限定商品。
テンプレートを表示

リンゴ牛乳と呼ばれる乳飲料、清涼飲料は昭和30年代中期から昭和40年代中期頃まで、近畿、中国、九州といった西日本一帯で多数のメーカーが製造しており、同時期に売り出されたコーヒー牛乳と並んで人気を博していた。

オーム乳業(当時は「大牟田牛乳」)でも「リンゴ牛乳」という商品名で製造販売していたが、厚生省令により昭和43年9月以降、生乳を50%以上含まない「乳飲料」を『牛乳』と表示できなくなったため、社名変更に合わせて商品名もオームリンゴと改称した。また、それまでの牛乳瓶詰めから紙パックに変更した。

次第に製造メーカーが減っていく中でほぼ唯一生き残り、「大牟田のご当地ドリンク」として大牟田市民に親しまれてきた。しかし、販売量が減少し採算が合わなくなったことを理由に生産終了が決定。生産を引き継ぎたいとしてラインの買い取りを希望する事業者もあった[1]が、2012年12月29日の製造分を持って販売終了となった。

オームリンゴの成分

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]