リライアント・ロビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リライアント・ロビン
ロビンMk3 ワゴン
Reliant Robin Green.jpg
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアセダン
3ドアステーションワゴン
エンジン 748CCと848ccのOHV直列4気筒
駆動方式 FR
変速機 4MT
全長 3327mm
全幅 1422mm
全高 1327mm
ホイールベース 2159mm
車両重量 406 - 450kg
先代 リライアント・リーガル英語版(Regal)
後継 リライアント・リアルト英語版(Rialto)
-自動車のスペック表-

リライアント・ロビン英語: Reliant Robin)は、イギリスタムワースにあった自動車メーカー・リライアント・モーター英語版1973年から2001年まで生産・発売した三輪自動車である。

概要[編集]

リライアント・ロビン(以下「ロビン」と省略)は1973年から1982年及び1989年から2001年に生産されていた「前1輪・後2輪」のFR駆動方式の三輪自動車。 当時のイギリスではロビンを含め三輪自動車はバイク免許で乗ることもでき、車両の扱いもバイクとほぼ同じであり、この当時ロビンより安かった四輪自動車の「ミニ」よりも税金面(オートバイでの登録課税)で優遇されたため労働階級に人気であった。

モデル[編集]

ロビン(Mk1、1973-1981)
「ロビン」は「リライアント・リーガル英語版」の後続車種として1973年10月から生産開始された。生産初期のエンジンは748CCOHV直列4気筒)のガソリンエンジンを搭載し、1975年には改良した848ccのガソリンエンジンに変更。1981年に生産を一度終え後続車種「リアルト英語版」に譲る。
ロビン·マークII(Mk2、1989-1998)
1989年に新型の「ロビン·マークII」を復活させた、初代「ロビン」の後続車種である「リアルト」の部品を同一したため、ボディーにガラス繊維繊維強化プラスチック(GMT)を使用、タイヤ・ホイールを12インチに変更した。1998年に「ロビン·マークII」(および「リアルト」)の生産終了。
ロビン·マークIII(Mk3、1999-2001)
1999年にモデルチェンジした新型の「ロビン·マークIII」の発表・生産を始め、2001年末に生産を終えた。


日本の法規に置ける扱いについて[編集]

日本でのロビンについて本国・イギリスと取り扱いが下記のように違いがある。

道路運送車両法
道路交通法

登場した作品[編集]

下記2作品はいずれも、三輪車であるが故の安定性の低さをネタにされているエピソードがある。

Mr.ビーン
  • 劇中に主人公のビーンが乗った「ミニ」に煽られて横転するシーンがしばしある。
  • ゴルフの回で、ヒッチハイクをしていたビーンのために止まってくれた車である。ビーンは乗るのが嫌なので無視した。
トップ・ギア

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、リライアント・ロビンに関するカテゴリがあります。