リモーネ・スル・ガルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リモーネ・スル・ガルダ
Limone sul Garda
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lombardy.svg ロンバルディア
Blank.png ブレシア
CAP(郵便番号) 25010
市外局番 0365
ISTATコード 017089
識別コード E569
分離集落
隣接コムーネ マルチェージネ (VR)、 モリーナ・ディ・レードロ (TN)、 リーヴァ・デル・ガルダ (TN)、 トレモージネ
公式サイト リンク
人口
人口 1,034 人
人口密度 40 人/km2
文化
住民の呼称 limonesi
守護聖人  
祝祭日 7月11日
地理
座標 北緯45度49分0秒 東経10度47分0秒 / 北緯45.81667度 東経10.78333度 / 45.81667; 10.78333座標: 北緯45度49分0秒 東経10度47分0秒 / 北緯45.81667度 東経10.78333度 / 45.81667; 10.78333
標高 69 m
面積 26 km2
リモーネ・スル・ガルダの位置(イタリア内)
リモーネ・スル・ガルダ
リモーネ・スル・ガルダの位置
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

リモーネ・スル・ガルダ(Limone sul Garda)は、人口1,034人のイタリア共和国ロンバルディア州ブレシア県コムーネの一つである。

リモーネはイタリア語レモンのことであり、旅行者には「レモンの土地」という印象を抱かせる。実際に、ここでは17世紀半ばにレモンの栽培が開始され、19世紀末までの200年以上もの間この地の特産物となっていた。リモーネは温暖な気候だがレモンが自然に生育するほどではないので、レモンハウスと呼ばれる避寒用の小屋を建て、その中にレモンの木を植え、夏は屋根を外し、冬はレモンの木ごと屋根で覆って冬を越させた。このレモンはヨーロッパ最北の栽培レモンであり、レモンの取れないアルプス以北の人々に珍重された[1]。現代においても、この地ではわずかながらレモンが栽培されつづけている。

コムーネの行政[編集]

  • 代表: Franceschino Risatti(2004年6月14日選出)


関連項目[編集]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「レモンの歴史」(「食」の図書館)p73 トビー・ゾンネマン著 高尾菜つこ訳 原書房 2014年11月27日第1刷