リゴベルト・アルバレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リゴベルト・アルバレス
Nobuhiro Ishida vs. Rigoberto Álvarez 2.jpg
石田順裕対アルバレス戦(2010年)
基本情報
本名 Rigoberto Álvarez Barragán
通称 El Español
階級 スーパーウェルター級
身長 183cm
リーチ 189cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1978-01-20) 1978年1月20日(39歳)
出身地 メキシコハリスコ州グアダラハラ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 27
KO勝ち 20
敗け 4
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

リゴベルト・アルバレス ( 本名Rigoberto Álvarez Barragán、男性、1978年1月20日 -は、メキシコプロボクサーハリスコ州グアダラハラ出身。第45代WBA世界スーパーウェルター級王者。
WBAWBC世界スーパーウェルター級スーパー王者サウル・アルバレスは弟である。

来歴[編集]

彼は、大きなボクシング一家の出である。彼の兄弟にはウェルター級のボクサーであるラモン・アルバレスリカルド・アルバレス、そして元WBAWBC世界スーパーウェルター級スーパー王者サウル・アルバレスが居る。

プロ時代[編集]

2000年2月1日、メキシコハリスコ州シウダード・グスマンイスマエル・ロドリゲスと8回戦を行い、1回KO勝ちを収めデビュー戦を飾った。

2008年5月30日、ロベルト・テナメキシコハリスコ州グアダラハラでメキシコミドル級タイトルマッチを行い、1回KO勝ちで王座を獲得。デビュー以来無傷の19連勝を達成。

2008年6月28日、フェリッペ・ロメロメキシコハリスコ州サポパンでメキシコスーパーミドル級タイトルマッチを行い、3回KO勝ちで王座を獲得。デビュー以来無傷の20連勝を達成した。

2009年1月24日、ホセ・ウンベルト・コラルメキシコハリスコ州グアダラハラで空位のFECARBOXスーパーミドル級王座を争い、4回2分0秒KO勝ちで王座を獲得しデビュー以来無傷の22連勝を達成した。

2009年8月7日、WBF世界スーパーミドル級王座を賭け南アフリカ共和国フリーステイト州ブルームフォンテーンウィリアム・ガレと対戦。0-3(113-115、112-115、110-118)の判定負けで王座獲得に失敗。キャリア初黒星を喫すると共にデビュー以来の連勝が23で止まった[1]

2010年1月16日、マルコ・アントニオ・ルビオメキシコドゥランゴ州ゴメスパラシオWBC世界ミドル級王座挑戦者決定戦を兼ねたWBCラテンアメリカ世界ミドル級タイトルマッチを行い、9回1分32秒TKO負けで王座獲得に失敗、WBC王座挑戦権獲得にも失敗した[2]

2010年8月のWBA世界スーパーウェルター級王者ミゲール・コットスーパー王座認定に伴い正規王座が空位となったが、WBA世界スーパーウェルター級暫定王者石田順裕の正規王座認定も認められず、石田の暫定王座2度目の防衛戦として10月2日に予定されていたが暫定王座の防衛戦と認めぬ状態[3]のまま迎えた10月9日にメキシコナヤリット州テピクのメソン・デ・ロス・デポルテスで正規王座の王座決定戦として石田と対戦し、2-1(115-112、114-113、113-114)の判定勝ちを収め王座を獲得した[4]。 2011年2月5日には、WBAより指名されていた指名挑戦者である同級1位オースティン・トラウトメキシコハリスコ州グアダラハラのアレナ・コリセオで対戦し、0-3(108-119、108-119、108-119)の判定負けを喫し王座から陥落した[5]

2011年10月19日、元WBA世界スーパーミドル級王者アンソニー・ムンディンオーストラリアニューサウスウェールズ州ニューカッスルニューカッスル・エンターテイメント・センターでWBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦を行い、0-3(113-115、111-117、111-117)の判定負けを喫し王座返り咲きに失敗した。

プロ戦績[編集]

プロボクシング:31戦27勝(20KO)4敗0分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2000年2月1日 勝利 1R KO イスマエル・ロドリゲス メキシコの旗 メキシコ プロデビュー戦
2 2000年9月8日 勝利 8R ポイント判定 ハイメ・エンリケス メキシコの旗 メキシコ
3 2000年11月3日 勝利 8R 判定(3-0) ウーゴ・ロメリ メキシコの旗 メキシコ
4 2001年3月16日 勝利 8R ポイント判定 ハイメ・エンリケス メキシコの旗 メキシコ
5 2001年6月15日 勝利 1R KO フリアン・ベネガス メキシコの旗 メキシコ
6 2002年4月13日 勝利 1R KO アントニオ・コントレーラス メキシコの旗 メキシコ
7 2004年12月4日 勝利 8R ポイント判定 ロベルト・クルス メキシコの旗 メキシコ
8 2005年8月26日 勝利 10R ポイント判定 アントニオ・ゴンサーレス メキシコの旗 メキシコ
9 2006年2月4日 勝利 1R TKO フアン・カルロス・サンチェス メキシコの旗 メキシコ
10 2006年2月24日 勝利 1R1:12 KO フアン・カルロス・サンチェス メキシコの旗 メキシコ
11 2006年4月15日 勝利 12R ポイント判定 フランシスコ・シエーラ メキシコの旗 メキシコ
12 2006年9月22日 勝利 1R KO アルマンド・パティノ メキシコの旗 メキシコ
13 2006年10月20日 勝利 4R KO ウーゴ・ロメリ メキシコの旗 メキシコ
14 2006年12月15日 勝利 10R KO フランシスコ・シエーラ メキシコの旗 メキシコ
15 2007年8月18日 勝利 1R1:33 TKO アルフレード・コントレーラス メキシコの旗 メキシコ
16 2007年10月19日 勝利 2R1:50 TKO アルトゥーロ・エリサルデ メキシコの旗 メキシコ
17 2007年12月15日 勝利 2R TKO アルバロ・エンリケス メキシコの旗 メキシコ
18 2008年4月4日 勝利 2R TKO フアン・アルバラン メキシコの旗 メキシコ
19 2008年5月30日 勝利 1R KO ロベルト・テナ メキシコの旗 メキシコ メキシコミドル級タイトルマッチ/王座獲得
20 2008年6月28日 勝利 3R KO フェリーペ・ロメーロ メキシコの旗 メキシコ メキシコスーパーミドル級タイトルマッチ/王座獲得
21 2008年10月4日 勝利 4R KO エリック・ラファエル・エスキベル メキシコの旗 メキシコ FECARBOXスーパーミドル級タイトルマッチ/王座獲得
22 2009年1月24日 勝利 4R2:00 KO ホセ・ウンベルト・コラル メキシコの旗 メキシコ
23 2009年3月28日 勝利 6R0:10 TKO エドゥアルド・アヤラ メキシコの旗 メキシコ
24 2009年8月7日 敗北 12R 判定(0-3) ウィリアム・ガレ  南アフリカ共和国 WBF世界スーパーミドル級タイトルマッチ/敗退
25 2009年10月3日 勝利 3R0:10 TKO フェルナンド・ベラ メキシコの旗 メキシコ
26 2010年1月16日 敗北 9R1:32 TKO マルコ・アントニオ・ルビオ メキシコの旗 メキシコ WBCラテンアメリカ世界ミドル級 タイトルマッチ・敗退/WBC世界ミドル級王座挑戦者決定戦・敗退
27 2010年6月12日 勝利 2R2:16 TKO マウロ・ロメリ メキシコの旗 メキシコ
28 2010年7月10日 勝利 1R2:32 KO アルフレード・トレビーノ メキシコの旗 メキシコ
29 2010年10月9日 勝利 12R 判定(2-1) 石田順裕 日本の旗 日本 WBA世界スーパーウェルター級王座決定戦/王座獲得
30 2011年2月5日 敗北 12R 判定(0-3) オースティン・トラウト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ/王座陥落
31 2011年10月19日 敗北 12R 判定(0-3) アンソニー・ムンディン オーストラリアの旗 オーストラリア WBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦・敗退
テンプレート

獲得王座[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WILLIAM GARE vs RIGOBERTO ALVAREZ FIGHTWRITER.COM 2009年8月6日閲覧
  2. ^ Marco Antonio Rubio Beats Alvarez, Tomoki Kameda Wins Boxing Scene.com 2010年1月17日閲覧
  3. ^ 石田のアルバレスとの防衛戦 WBA認めず スポニチアネックス 2010年9月13日閲覧
  4. ^ 石田判定惜敗…正規王者獲得ならず デイリースポーツ 2010年10月10日閲覧
  5. ^ トラウト大差の勝利 WBA・S・ウェルター級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月6日

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ミゲール・コット
WBA世界スーパーウェルター級王者

2010年10月9日 - 2011年2月5日

次王者
オースティン・トラウト