オースティン・トラウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オースティン・トラウト
基本情報
本名 オースティン・ドウェイン・トラウト
通称 No Doubt(正真正銘)
階級 スーパーウェルター級
身長 177cm
リーチ 183cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1985-09-18) 1985年9月18日(31歳)
出身地 ニューメキシコ州ラスクルーセス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 30
KO勝ち 17
敗け 3
テンプレートを表示

オースティン・トラウトAustin Trout1985年9月18日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーニューメキシコ州ラスクルーセス出身。第46代WBA世界スーパーウェルター級王者。プロモーターはTGB・プロモーションズ所属。トレーナーはバリー・ハンター。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2004年、全米選手権にウェルター級(69kg)で出場し優勝する[1]。ナショナル・ゴールデングローブに出場するが準決勝でダニエル・ジェイコブスに敗退する[2]。アテネオリンピック国内予選選考会を勝ち抜くが[3]、国内最終選考会でバネス・マーティロスヤンに敗退[4]

2005年、全米選手権に出場するが準決勝でデメトリアス・アンドラーデに敗退[5]

プロ時代[編集]

2005年9月16日、プロデビュー。3回TKO勝ち。

2009年3月14日、マーティン・アヴィラとWBAインターナショナルスーパーウェルター級王座決定戦を行い、4回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年9月5日、パナマシティアレナ・ロベルト・デュランにて、WBAフェデラテンスーパーウェルター級王者ニルソン・フリオ・タピアに挑戦。2-0の判定(106-102が2者、105-105)勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年11月5日、タロンゼ・ワシントンとWBCアメリカ大陸スーパーウェルター級王座決定戦を行い、12回3者ともフルマークを付けた判定(120-108)で快勝といえる勝利を収め王座獲得に成功した。

2010年9月10日、WBAからWBA世界スーパーウェルター級正規王者ミゲール・コットスーパー王座に認定に伴うWBA世界スーパーウェルター級王座決定戦をWBA世界スーパーウェルター級暫定王者石田順裕とオースティン・トラウトとの間で行い、石田順裕 対 オースティン・トラウトの勝者はネルソン・リナレスと90日以内に対戦するよう対戦指令が出される。石田順裕 対 オースティン・トラウトの入札を同月21日にパナマシティで行うと指令を受けたが[6][7]、同月24日にトラウト陣営が1試合待つことに同意した為、石田順裕 対 オースティン・トラウトの入札は中止となり、同年10月9日にWBA世界スーパーウェルター級暫定王者石田順裕とWBA世界スーパーウェルター級9位のリゴベルト・アルバレスとの間でWBA世界スーパーウェルター級王座決定戦を行うこととなり[8][9]、トラウトは石田順裕 対 リゴベルト・アルバレス戦の勝者と対戦することになった[10]

2011年2月5日、グアダラハラのアレナ・コリセオにて、WBA世界スーパーウェルター級王者リゴベルト・アルバレスと対戦し、3-0(3者共に119-108)の判定勝ちを収め王座を獲得した[11]

2011年6月11日、デビット・ロペスと対戦し、3-0の大差判定(119-109、117-110、118-109)勝ちを収め初防衛に成功した[12]

2011年11月11日、エル・パソコーエン・スタジアムにて、フランク・ロポルト(オーストラリア)と対戦し、6回TKO勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[13]

2012年6月2日、 ホーム・デポ・センター・テニスコートにて、デルヴィン・ロドリゲス(ドミニカ)と対戦し、12回3-0(117-111、118-110、120-108)の判定勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[14]

2012年12月1日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにて前WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者ミゲール・コット(プエルトリコ)と対戦し、12回3-0(119-109、2者が117-111)の判定勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[15]

2013年4月20日、テキサス州・サンアントニオアラモドームにてWBC世界スーパーウェルター級王者サウル・アルバレスメキシコ)と王座統一戦で対戦し、プロ初黒星となる12回0-3(112-115、111-116、109-118)の判定負けを喫し王座統一に失敗、WBA王座の5度目の防衛に失敗すると共にWBC王座の獲得にも失敗した[16]

2013年12月7日、ニューヨークのバークレイズ・センターにてポール・マリナッジザブ・ジュダーの前座で、WBA世界スーパーウェルター級暫定王者エリスランディ・ララと対戦するも、12回0-3(109-118、2者が110-117)の判定負けを喫し王座返り咲きに失敗した。

2014年8月22日、カリフォルニア州テメキュラペチャンガ・リゾート&カジノPABAスーパーウェルター級スーパー王者ダニエル・ドーソンとスーパーウェルター級契約10回戦を行い、3回に2度ダウンを喫するも8回にダウンを奪い返し10回3-0(3者共97-90)の判定勝ちを収め再起に成功した[17]

2014年12月11日、カリフォルニア州テメキュラペチャンガ・リゾート&カジノでルイス・グレハダと対戦し7回TKO勝ちを収めた[18]

2015年5月9日、テキサス州ヒダルゴ郡イダルゴステート・ファーム・アリーナオマール・フィゲロアリッキー・バーンズの前座でアンソニー・ムンディンと対戦予定だったが、ムンディンがスパーリングで耳を負傷した状態でアメリカ行きの飛行機に乗り、フライト中に耳の状態が悪化したため欠場となった[19]

2015年9月8日、カリフォルニア州ハリウッドパラジウムにてジョーイ・エルナンデスと対戦。4回にエルナンデスがトラウトを投げ飛ばし減点され、トラウトが左ボディでダウンを奪い、カウントアウト。6回終了時KO勝ちを収めた。

2016年5月21日、ザ・コスモポリタン内チェルシー・ボール・ルームでエリスランディ・ララVSバネス・マーティロスヤンの前座でIBF世界スーパーウェルター級王者ジャーモール・チャーロと対戦し、12回0-3(2者が112-116、115-113)の判定負けを喫し3年振りの王座返り咲き、WBAに続くスーパーウェルター級2冠に失敗した[20][21]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:206戦163勝42敗1分
  • プロボクシング:33戦30勝(17KO)3敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2005年9月16日 3R 1:43 TKO フスト・アルマサン メキシコの旗 メキシコ プロデビュー戦
2 2005年12月10日 1R 1:45 TKO ジョシュ・パンキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 2006年2月4日 3R 1:04 TKO アンソニー・トーレス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4 2006年3月4日 1R 2:59 TKO ジェレミー・バーガー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
5 2006年9月1日 3R 0:56 KO ジェリ・ペレス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6 2006年9月29日 1R TKO ダスティン・リリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7 2006年12月15日 2R 1:30 KO カーディル・フィンレイ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8 2007年1月5日 5R 2:21 KO ラウル・ムニョス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9 2007年4月27日 6R 判定3-0 フリオ・ペレス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
10 2007年5月25日 6R 判定3-0 アブディアス・カスティーリョ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11 2007年7月27日 2R 0:46 TKO ネルソン・エストピナン メキシコの旗 メキシコ
12 2007年11月17日 1R 1:17 TKO ロデリック・マクゲリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
13 2007年12月21日 6R 判定3-0 エリック・ラファエル・エスキベル メキシコの旗 メキシコ
14 2008年5月2日 2R 2:26 TKO スティーブ・バーディン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
15 2008年7月9日 8R 判定3-0 バイロン・タイソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
16 2008年11月20日 3R 0:10 TKO ブラッドリー・トンプソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
17 2009年3月14日 4R TKO マルティン・アビラ メキシコの旗 メキシコ WBAインターナショナルスーパーウェルター級王座決定戦
18 2009年6月26日 8R 判定3-0 シャウン・ガーネット カナダの旗 カナダ
19 2009年7月31日 8R 判定3-0 マルコス・プリメラ ベネズエラの旗 ベネズエラ
20 2009年9月5日 11R 判定2-0 ニルソン・フリオ・タピア コロンビアの旗 コロンビア WBAフェデラテンスーパーウェルター級タイトルマッチ
21 2009年11月5日 12R 判定3-0 タロンズ・ワシントン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBCアメリカ大陸スーパーウェルター級王座決定戦
22 2011年2月5日 12R 判定3-0 リゴベルト・アルバレス メキシコの旗 メキシコ WBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
23 2011年6月11日 12R 判定3-0 デビッド・ロペス メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1
24 2011年11月11日 6R 2:32 TKO フランク・ロポルト オーストラリアの旗 オーストラリア WBA防衛2
25 2012年6月2日 12R 判定3-0 デルビン・ロドリゲス ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 WBA防衛3
26 2012年12月1日 12R 判定3-0 ミゲール・コット プエルトリコの旗 プエルトリコ WBA防衛4
27 2013年4月20日 12R 判定0-3 サウル・アルバレス メキシコの旗 メキシコ WBA・WBC世界スーパーウェルター級王座統一戦/WBA王座陥落
28 2013年12月7日 12R 判定0-3 エリスランディ・ララ キューバの旗 キューバ WBA暫定・世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
29 2014年8月22日 10R 判定3-0 ダニエル・ドーソン オーストラリアの旗 オーストラリア
30 2014年12月11日 7R終了 TKO ルイス・グレハダ メキシコの旗 メキシコ
31 2015年5月9日 7R 0:10 TKO ルイス・ガラルサ プエルトリコの旗 プエルトリコ
32 2015年9月8日 6R 3:00 KO ジョーイ・エルナンデス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
33 2016年5月21日 12R 判定0-3 ジャーモール・チャーロ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

獲得タイトル[編集]

  • WBAインターナショナルスーパーウェルター級王座
  • WBAフェデラテンスーパーウェルター級王座
  • WBC米大陸スーパーウェルター級王座
  • 第46代WBA世界スーパーウェルター級王座(防衛4)

脚注[編集]

  1. ^ 114.Unites States National Championships Colorado Springs January 13-17, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ 77.US National Golden Gloves Kansas City May 3-8, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ US Olympic Trials Tunica February 17-21, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ US Olympic Box-Offs Cleveland February 27-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 13-19th 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ 石田-トラウトで決定戦 21日にWBAが入札へ Boxing News(ボクシングニュース) 2010年9月11日
  7. ^ WBAが命じた!石田が正規王座決定戦へ 日刊スポーツ 2010年9月12日
  8. ^ 石田-アルバレス戦復活へ 10月9日メキシコで Boxing News(ボクシングニュース) 2010年9月24日
  9. ^ 石田―アルバレスで王座戦 WBA世界Sウエルター級 47NEWS(よんななニュース) 2010年9月25日
  10. ^ 石田☓アルバレス 明日決戦 WBA世界S・ウェルター級戦 勝てば正規王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2010年10月9日
  11. ^ トラウト大差の勝利 WBA・S・ウェルター級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月6日
  12. ^ トラウト大差の防衛 WBA・S・ウェルター級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年6月12日
  13. ^ トラウト圧勝 ローポルトをTKO WBA世界S・ウェルター級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年11月12日
  14. ^ トラウト、ロドリゲス下しV3 WBA・S・ウェルター級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年6月4日
  15. ^ トラウト、コットに大差の勝利 WBA・S・ウェルター級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月2日
  16. ^ カネロ 3-0勝利 ベルト統一 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月21日
  17. ^ トラウト連敗脱出、ホプキンスvsコバレフ11.8決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月23日
  18. ^ チュディノフが兄弟そろってWBA暫定王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月12日
  19. ^ Anthony Mundine-Austin Trout fight postponed due to Mundine's 'severe ear condition'”. ABC Online (2015年5月4日). 2015年5月7日閲覧。
  20. ^ Charlo Twins make history with victories Fightnews.com 2016年5月21日
  21. ^ ララV4、チャーロ双生児同時王者誕生 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
リゴベルト・アルバレス
WBA世界スーパーウェルター級王者

2011年2月5日 - 2013年4月20日

空位
次タイトル獲得者
エリスランディ・ララ