リコ・ロドリゲス (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リコ・ロドリゲス
Ricogf.JPG
基本情報
出生名 エマニュエル・ロドリゲス
別名 リコ
生誕 (1934-10-17) 1934年10月17日
 キューバハバナ
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカキングストン
死没 (2015-09-04) 2015年9月4日(80歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
ジャンル スカ
2トーン
レゲエ
職業 トロンボーン奏者
担当楽器 トロンボーン

リコ・ロドリゲスRico Rodriguez、本名エマニュエル・ロドリゲス Emmanuel Rodriguez1934年10月17日 - 2015年9月4日)は、キューバハバナで生まれ、ジャマイカキングストンで育ったトロンボーン奏者。[1]初期ジャマイカ音楽における最高のトロンボーニストの一人とされる。

経歴[編集]

アルファ・スクール英語版在学中、トロンボーンの演奏を学ぶ。同校で講師をしていたドン・ドラモンドにもトロンボーンの演奏を教わった。ドラモンドは後にスカにおけるトロンボーンの第一人者となる。

1950年代にリコはラスタとなり、同じくラスタのドラマーであるカウント・オジーと密接に関わるようになる。カウント・オジーはプリンス・バスターロイド・マタドール・デリー英語版などの大勢のプロデューサーレコーディングをしていた。ワレイカ・ヒルにあるラスタのコミューンに集まり、後のザ・スカタライツのメンバーとなるドン・ドラモンドやトミー・マクックジョニー・ムーア英語版達と一緒にセッションを繰り返していた。

1961年、ワレイカ・ヒルの仲間に引き止められるも渡英[2]英国レゲエバンドで演奏を続けた。1976年アイランド・レコーズと契約、代表作である『マン・フロム・ワレイカ』をレコーディングする。

1970年代後半に、新たに2トーンが生まれると、リコは2トーンバンドザ・スペシャルズに参加する。最も記念すべき演奏の一つ、「ア・メッセージ・トゥ・ユー・ルーディ」にも参加している。

1996年からは、他の仕事とも平行してジュールズ・ホランズR&Bオーケストラ英語版に参加、更なるトロンボーン奏者としての活動を続けた。

2015年9月4日、入院先のロンドンの病院で逝去。[3]

ディスコグラフィー[編集]

  • Reco In Reggae Land (Paying Tribute To Don Drummond)(Pama Records、1969年)
  • Man From Wareikaアイランド・レコード、1976年)
  • Wareika Dub(Ghetto Rockers、1977年)
  • That Man Is Forward2TONE、1981年)
  • Jama Rico(2TONE、1982年)
  • Rising In The East(Jove Music、1994年)
  • Return From Wareika Hillアルファエンタープライズ、1994年) ※ KUUBOこだま和文デニス・ボーヴェルらと共に日本で制作[4]
  • You Must Be Crazy(Grover Records、1994年) ※ライブ盤、Rico & His Band として
  • Wonderful World(Quattro、1995年)
  • Get Up Your Foot(Grover Records、2000年) ※ Rico & His Band として
  • Going West(Creole Records、2002年) ※Rico & Friends として
  • Togetherness(Subterrannia Discos、2005年) ※ Rico Rodriguez & Roots To The Bone Band として
  • Japa-Rico - Rico Rodoriguez Meets Japanソニー・ミュージック、2006年)
  • Wareika Vibes(Jamdown、2006年)

脚注[編集]

  1. ^ Rico Rodriguez: Man From Wareika - Entertainment - JamaicaObserver.com (英語) - 2012年6月22日
  2. ^ 渡英しなければ高い確率でザ・スカタライツのメンバーになっていたと言われる。
  3. ^ スカ・トロンボーンの第一人者、リコ・ロドリゲス、死去 | Rico Rodriguez | BARKS音楽ニュース - 2015年9月7日
  4. ^ アルファ・マストアイテム

外部リンク[編集]