カウント・オジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カウント・オジー
出生名 オズワルド・ウィリアムス
生誕 1926年
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカセント・トーマス教区
死没 1976年10月18日
ジャンル ナイヤビンギ
職業 打楽器奏者
担当楽器 打楽器
共同作業者 ザ・ミスティック・レベレーション・オブ・ラスタファリ

カウント・オジーCount Ossie , 1926年 - 1976年10月18日)、本名オズワルド・ウイリアムス (Oswald Williams) は、ジャマイカセント・トーマス教区出身[1]ラスタファリアンドラム奏者バンドリーダー

概要[編集]

幼少の頃からラスタのコミュニティに育ち、そこでラスタの歌と太鼓を学ぶ。 1950年代後半に、彼は他の打楽器奏者達とカウント・オジー・グループを結成。プリンス・バスター によって多くの演奏が録音された。そのなかの一つ、フォークス・ブラザース「オー・キャロライナ (Oh Carolina)」は、1959年にリリースされた歴史上最初のレゲエの録音物とも言われている(当時レゲエという呼称はまだなかった)。この曲は、1993年にシャギーがリメイクして世界的なヒットとなった。この時期、ムーディズ・レーベルの創始者のハリー・ムーディ (Harry Mudie) とも組んで録音をしている。

その後、彼はミスティック・レベレーション・オブ・ラスタファリ (Mystic Revelation Of Rastafari)を結成し、2作のアルバムを残した。レコード3枚組[2] の『グロウネーション (Grounation)』は、「オー・キャロライナ (Oh Carolina)」、「ソー・ロング (So Long)」、表題曲「グロウネーション (Grounation)」[3] の3曲が特に有名である。

1975年、『テイルズ・オブ・モザンビーク (Tales Of Mozambique)』 (Dynamic 1975) をリリースする。その翌年、1976年の10月に交通事故で亡くなる。

ディスコグラフィ[編集]

Grounation[編集]

Grounation
The Mystic Revelation Of Rastafariスタジオ・アルバム
リリース
録音 1973年
ジャンル ナイヤビンギ
時間
レーベル MRR
Vulcan
Ashanti
プロデュース Arnold Wedderbum
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星4 / 5 link
The Mystic Revelation Of Rastafari アルバム 年表
-Grounation
(1973年)
Tales Of Mozambique
(1975年)
テンプレートを表示
  1. Bongo Man
  2. Narration
  3. Narration Con't
  4. Mabrat - Passin' Through
  5. Poem
  6. Hundred Years
  7. Poem
  8. Song
  9. Lumba
  10. Way Back Home
  11. Ethiopian Serenade
  12. Oh Carolina
  13. So Long
  14. Grounation Part 1
  15. Grounation Part 2
  16. The Warm Up

Tales Of Mozambique[編集]

Tales Of Mozambique
The Mystic Revelation Of Rastafariスタジオ・アルバム
リリース
録音 1975年
ジャンル ナイヤビンギ
時間
レーベル Dynamic Sounds
プロデュース カウント・オジー
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星4 / 5 link
The Mystic Revelation Of Rastafari アルバム 年表
Grounation
(1973年)
Tales Of Mozambique
(1975年)
-
テンプレートを表示
  1. Sam's Intro
  2. Tales Of Mozambique
  3. Selam Nna Wadada (Peace And Love)
  4. No Night In Zion
  5. I Am A Warrior
  6. Wicked Babylon
  7. Let Freedom Reign
  8. Lock, Stock And Barrel
  9. Nigerian Reggae
  10. Run One Mile

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 牧野直也著『レゲエ入門』(音楽の友社)によると、セント・アンドリュー教区のブル・ベイ近くのビト村出身となっている
  2. ^ 後に発売されたCDは2枚組である。
  3. ^ 演奏時間がおよそ35分以上ある曲である。

外部リンク[編集]