リコエイションゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リコエイションゲーム(RÉKOEITION GAME)は、コーエー(発表当時光栄・現コーエーテクモゲームス)の造語で、同社が提唱するコンピュータRPGシミュレーションゲームの概念を融合したコンピュータゲームの総称[1]。両者の特徴を併せ持ち、自由度の高い作品が多い。

1988年発売の『維新の嵐』以降、さまざまな作品が製作されたが、2004年発売の『太閤立志伝V』が現在最後に発売された作品となっている。

作品[編集]

この他、『三國志英傑伝』もリコエイションゲームとして発売されたが、後に「英傑伝シリーズ」として独立し、同シリーズの第1作目となった。

脚注[編集]

  1. ^ 正確には「リ」と「コ」の間に若干の間を置いて発音する。「RE」は英語接頭語で、「KOEI」は光栄、「TION」は英語の名詞語尾。