リカルド・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はベルムデス第二姓(父方の)はガルシアです。
リカルド・ガルシア
Ricardo Garcia
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1975-11-19) 1975年11月19日(41歳)
出身地 サンパウロ州サンパウロ
ラテン文字 Ricardo Garcia
身長 191cm
体重 89kg
選手情報
所属 イタリアの旗 ルーベ・トレイア
ポジション S
利き手
スパイク 337cm
ブロック 320cm
 
獲得メダル
Flag of Brazil.svg ブラジル
オリンピック
2004 男子バレーボール
2012 男子バレーボール
世界選手権
2002 男子バレーボール
2006 男子バレーボール
ワールドカップ
2003 男子バレーボール
パンアメリカン競技大会
2003 男子バレーボール
テンプレートを表示

リカルド・ベルムデス・ガルシア(Ricardo Bermudez Garcia, 1975年11月19日 - )は、ブラジルの男子バレーボール選手。サンパウロ出身。ポジションはセッターバレーボールブラジル男子代表

来歴[編集]

1997年ブラジル代表のセッターに選出。2000年代のブラジルの高速バレーを展開するサウスポーの司令塔として活躍し、2004年ワールドリーグでベストセッター賞を受賞、2004年アテネオリンピックでは金メダル獲得に貢献するとともに、自身もベストセッター賞を受賞した。

他の国際大会においてもブラジルの優勝に大きく貢献し、2005年ワールドグランドチャンピオンズカップでベストセッター賞を受賞。キャプテンとしてチームを牽引し、5連覇を達成した2007年ワールドリーグではMVPを獲得した[1]。しかし、そのわずか1週間後、代表監督のベルナルド・レゼンデによって代表セッターを解雇され[2]、北京オリンピックを目前にしても、その後ナショナルチームに戻ることはなかった。2010年、3年ぶりにブラジル代表に復帰した。 

所属クラブでは、2004年にスーパーリーガからイタリアセリエAモデナへ移籍。2008年からシスレー・トレヴィーゾに所属した。

2012年8月のロンドンオリンピックでは、2大会連続となる銀メダルを獲得した。

2015年にイタリアのトレイアへ移籍した。

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]