リアム・ブリッドカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リアム・ブリッドカット Football pictogram.svg
Liam Bridcutt Brighton vs Spurs.jpg
名前
本名 Liam Robert Bridcutt
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1989-05-08) 1989年5月8日(30歳)
出身地 レディング
身長 175cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ノッティンガム・フォレストFC
ポジション MF
背番号 26
代表歴2
2013- スコットランドの旗 スコットランド 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月30日現在。
2. 2017年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リアム・ブリッドカットLiam Bridcutt1989年5月8日 - )は、イングランドレディング出身のプロサッカー選手サッカースコットランド代表ノッティンガム・フォレストFC所属。ポジションはMF

経歴[編集]

チェルシー[編集]

チェルシーFCのアカデミーで育成され、2007年夏にクラブと最初のプロ契約を結んだ[1]。2008年2月8日、ヨーヴィル・タウンFCにレンタルに出され[2]、翌日のウォルソールFC戦でプロデビュー[3]。その後も下位クラブへのレンタルを繰り返した[4][5]。2010年夏、契約満了によりチェルシーを退団。

ブライトン[編集]

2010年8月28日、5ヶ月の短期契約でフットボールリーグ1ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに加入。2010年11月5日、契約をシーズン終了まで延長。主力選手の一人としてリーグ1優勝とチャンピオンシップ昇格に大きく貢献した。

2011-12シーズンもレギュラーとしてチームを支え、シーズン終了後にはサポーター投票でチームの年間最優秀選手に選ばれた。

サンダーランド[編集]

2014年1月30日、サンダーランドAFCに移籍、3年半契約にサインした。移籍金は推定300~400万ポンド[6]

リーズ[編集]

2015年11月26日、レンタルでリーズ・ユナイテッドAFCに加入[7]。2016年1月5日、レンタル期間をシーズン終了まで延長[8][9]

2016年8月16日、リーズに完全移籍し2年契約を結んだ[10]。9月9日の試合ではスレイマン・バンバに代わってゲームキャプテンを務めた[11]

ノッティンガム[編集]

2017年8月22日、チャンピオンシップのノッティンガム・フォレストFCに移籍。移籍金は推定100万ポンドで契約は3年[12][13]

代表歴[編集]

自身はイングランド生まれながら、祖父がエディンバラ出身のため、スコットランド代表を選択した[14]。2013年3月7日、A代表初招集[15]。2013年3月26日のセルビア戦で初キャップを記録[16]

2016年3月10日、リーズでのプレー振りが評価され、約3年ぶりに招集[17]。3月29日のデンマーク戦にリーズのチームメイトのリアム・クーパーと共に出場したが、同試合でデンマーク代表のエリック・スヴィアチェンコに激しいタックルを見舞い、試合後にオーゲ・ハレイデデンマーク代表監督から名指しで非難された[18]

所属クラブ[編集]

ユース

プロ

イングランドの旗 ヨーヴィル・タウンFC 2008 (loan)
イングランドの旗 ワトフォードFC 2008-2009 (loan)
イングランドの旗 ストックポート・カウンティFC 2009-2010 (loan)
イングランドの旗 リーズ・ユナイテッドAFC 2015-2016 (loan)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Player Profiles”. Chelsea FC. 2008年2月25日閲覧。
  2. ^ Glovers land young Chelsea starlet”. Eurosport. Yahoo (2008年2月8日). 2008年2月25日閲覧。
  3. ^ Sowden, Steve (2008年2月11日). “Yeovil Town are going through a transition”. Somerset County Gazette. http://www.somersetcountygazette.co.uk/display.var.2033799.0..php 2008年2月25日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ New Man on Loan!”. Watford FC. 2008年11月30日閲覧。
  5. ^ Hatters capture Bridcutt”. Sky Sports. BSkyB. 2009年8月24日閲覧。
  6. ^ Transfer Deadline Day: Brighton's Liam Bridcutt joins Sunderland”. BBC Sport. BBC (2013年1月31日). 2014年2月9日閲覧。
  7. ^ Hunter, James (2015年11月26日). “Sunderland's Liam Bridcutt could stay at Leeds for the rest of the season, says Steve Evans”. Newcastle Chronicle. http://www.chroniclelive.co.uk/sport/football/football-news/sunderlands-liam-bridcutt-could-stay-10509691 2015年11月27日閲覧。 
  8. ^ “Liam Bridcutt stays on loan at Leeds United from Sunderland”. Sky Sports. (2016年1月5日). http://www.skysports.com/football/news/11715/10120014/liam-bridcutt-stays-on-loan-at-leeds-united-from-sunderland 2016年1月5日閲覧。 
  9. ^ “Leeds United extend Liam Bridcutt loan and he could leave Sunderland permanently in summer”. Sunderland Echo. (2016年1月5日). http://www.sunderlandecho.com/sport/football/sunderland-afc/leeds-united-extend-liam-bridcutt-loan-and-he-could-leave-sunderland-permanently-in-summer-1-7657283 2016年1月5日閲覧。 
  10. ^ Liam Bridcutt: Sunderland midfielder re-signs for Leeds United”. BBC Sport (2016年8月16日). 2016年8月16日閲覧。
  11. ^ Leeds United: Liam Bridcutt handed leading role at Elland Road”. Yorkshire Evening Post (2016年9月9日). 2016年9月9日閲覧。
  12. ^ https://www.nottinghamforest.co.uk/news/2017/august/forest-bring-in-bridcutt/
  13. ^ http://www.nottinghampost.com/sport/sport-opinion/1m-liam-bridcutt-looks-real-367499
  14. ^ Brighton: Liam Bridcutt delighted at first Scotland call-up”. BBC Sport. BBC (2013年3月19日). 2014年1月31日閲覧。
  15. ^ Poyet welcomes Bridcutt call-up”. BBC Sport. BBC (2013年3月7日). 2013年3月4日閲覧。
  16. ^ リアム・ブリッドカット - scottishfa.co.uk
  17. ^ “Scotland: Six new call-ups for Czech Republic and Denmark friendlies”. BBC Sport (BBC). (2016年3月10日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/35770855 2016年3月10日閲覧。 
  18. ^ “Liam Bridcutt tackle: 'That's Scottish football', says Erik Sviatchenko”. BBC Sport (BBC). (2016年3月31日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/35933294 2016年3月31日閲覧。 

外部リンク[編集]