ラ・フェルテ=ボアルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Ferté-Beauharnais
Blason ville fr La Ferté-Beauharnais (Loir-et-Cher).svg
La-Ferté-Beauharnais Eté2016 Eglise St Barthélémy (1).jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏Blason Centre-Val de Loire.svg
(département) ロワール=エ=シェール県Blason département fr Loir-et-Cher.svg
(arrondissement) ロモランタン=ラントネー郡
小郡 (canton) シャンボール小郡
INSEEコード 41083
郵便番号 41210
市長任期 ジャン=ピエール・ゲモン
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) Sologne des Étangs
人口動態
人口 512人
2015年
人口密度 212人/km2
地理
座標 北緯47度32分33秒 東経1度51分03秒 / 北緯47.5425度 東経1.85083333333度 / 47.5425; 1.85083333333座標: 北緯47度32分33秒 東経1度51分03秒 / 北緯47.5425度 東経1.85083333333度 / 47.5425; 1.85083333333
標高 平均:m
最低:95 m
最高:109m
面積 2.42km2
La Ferté-Beauharnaisの位置(フランス内)
La Ferté-Beauharnais
La Ferté-Beauharnais
テンプレートを表示

ラ・フェルテ=ボアルネLa Ferté-Beauharnais)は、フランスサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏ロワール=エ=シェール県コミューン

地理[編集]

ラ・フェルテ=ボアルネは、ブーヴロン川沿いに位置する。ヌング=シュル=ブーヴロンとロモランタン=ラントネーの間を走る県道922号線と923号線が交差する地点にあたる。

歴史[編集]

ボアルネのシャトー

古代に村があったことを証明するものは何もないが、伝統的に『下の道』と呼ばれてきたローマ街道が、ヌング=シュル=ブーヴロンからラ・フェルテの城の近く、Noviodunum Biturigumのオッピドゥムを通過していた。

村はおそらく、11世紀にあった修道院を一掃して生まれたのだろう。大助祭エルヴェが1033年に参事会教会を創設した。サン・バルテルミ教会は1149年に創設され、12世紀半ばに破壊されたのち、1524年に再建された。教会のポーチには、数世紀にわたって巡礼者が残した十字架が刻まれている。墓地には、マクマオン家(パトリス・ド・マクマオンの先祖)の墓もある。

現在、中世の城の遺跡はほんのわずかしか残っていない。一部の石が周辺の住宅の建設資材に使われたからである。伝説によると、城に残されていた、壁に囲まれた地下は、教会やいまだ村に残る数軒の住宅の資材となったという。1429年には軍隊を率いたジャンヌ・ダルクが村を通過している。

1752年、中世の城を破壊したのはフランソワ・ド・ボアルネ(fr)だとみられる。彼はリーワード・アンティル諸島総督および侯爵であった。彼によって1764年、それまでラ・フェルテ=アヴラン(La Ferté-Avrain)と呼ばれていた村は、フランソワの爵位名に合わせてラ・フェルテ=ボアルネと改名した。彼は隣に古典様式の邸宅(シャトー)を建てた。2つの新旧の城がしばらく共存した可能性がある。フランソワの息子で、元ライン軍司令官アレクサンドル・ド・ボアルネ(fr)は、のちにフランス皇后となるジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの最初の夫である。彼はコミューンの首長となったが、フランス革命後の恐怖政治時代にギロチンで処刑された。アレクサンドルとジョゼフィーヌの息子ウジェーヌは、父の領地を管理して美しくした。城は、帝政末期とウジェーヌの国外亡命後も、管理人が管理していた。1821年から、最後の入居者によってシャトーが荒らされていった。1824年にウジェーヌが死去すると、ラ・サール夫人に売却された[1]。アレクサンドル・ド・ボアルネの孫息子である、シャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルト(のちのナポレオン3世)は、1852年に村を訪問している。彼は、現在も役場として使われている建物と、2つの学校を建設した[2]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2004年 2015年
468 454 392 400 442 463 510 512

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[3]、2006年以降INSEE[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ M. Chenon, Association « Autour des Beauharnais »
  2. ^ Drouet S, Chenon M, En passant par La Ferté-Beauharnais : le village qui tutoie l'histoire, Journal de la Sologne, hiver 2007 no 140, p.19-21
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=13764
  4. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-41083
  5. ^ http://www.insee.fr