ラングハンス巨細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左中央に肉芽腫が形成されている肉芽形成組織。多核のラングハンス巨細胞が認められる。

ラングハンス巨細胞(ラングハンスきょさいぼう、英:Langhans giant cell)とは肉芽腫性疾患に認められる巨細胞。ラングハンス巨細胞は類上皮細胞マクロファージ)の融合により形成され、細胞周縁に馬蹄形の多数の核が存在する。このマクロファージの融合は、in vitro[1]ではインターフェロンγなどのサイトカインによって誘導される[2]。ラングハンス巨細胞はきわめて活発な免疫反応を示す肉芽腫でよく見られ、その存在は結核あるいは他のマイコバクテリア感染症を示唆する(乾酪性肉芽腫)。

ラングハンス巨細胞はランゲルハンス細胞と混同してはならない。医学問題表題集(MeSH)によると、ラングハンス巨細胞はマクロファージの集合体であり、ランゲルハンス細胞とは異なる。

ラングハンス巨細胞はドイツ病理学者であるw:Theodor Langhans(1839~1915)にちなむ[3]

[編集]

  1. ^ 直訳では「試験管内で」の意味、生体外での反応などについていう。
  2. ^ Möst, JH; Neumayer, HP; Dierich, MP (1990), “Cytokine-induced generation of multinucleate giant cells in vitro requires interferon-gamma and expression of LFA-1”, Eur J Immunol: 1661-1667, PMID 1976520 
  3. ^ J Pritchard, P Foley, H Wong. Langerhans and Langhans: what's misleading in a name? Lancet (2003): 362 (9387), 922.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]