ラバーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Turkey.Konya027.jpg

ラバーブ(rebab, rabab)はリュート属の楽器。弦楽器のひとつ。

イスラム教の普及とともに西アジア北アフリカヨーロッパ東アジアへと広がっていった。現在でもモロッコアフガニスタンインドネシアなどで広く演奏されている。

弓で演奏され、中世ヨーロッパのレベックのもとになったと考えられている。

関連項目[編集]