レベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レベック
右端の楽器がレベック

レベック(Rebec、またはRebeck)は、今日のヴァイオリンのもとになった属の楽器の1つで、一般的にはアラブ人の楽器ラバーブがもとになっていると考えられており、外観は洋ナシ形をしている。おそらく中世中期にスペイン経由でヨーロッパに広まったとされている。ラベイカとも。16~17世紀のレベックはフレットがなく2~3弦で5度調弦である。高い技術を要する楽器ではなかったため、特にダンスの際によく使用された。

関連項目[編集]