ラッパ吹きの休日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラッパ吹きの休日』(Bugler's Holiday)は、ルロイ・アンダーソンが作曲した管弦楽作品。

概要[編集]

1954年作曲されたもので、陽気で活気に満ちたギャロップである。曲のタイトルに含まれるBuglerとは軍隊などにおけるラッパ手を指す語で[1]、この場合のラッパとはビューグルのことだが、実際の演奏ではトランペットが用いられることから『トランペット吹きの休日』とも呼ばれている。アンダーソンの楽曲には『トランペット吹きの子守歌』(A Trumpeter's Lullaby)という作品があるが、原題では明確に区別されている。

休日と銘打っておきながら、主役は3本のトランペットが細かなパッセージを休みなく吹くという、トランペット奏者にとっては忙しい作品でもある。そのため、「トランペット吹きの休日返上」や「休日出勤」、「過労」等と揶揄されることがある。

ラッパ吹きの休日、という曲名は、軍隊のラッパ吹きの仕事が、決まった時間に起床、食事、就寝などの信号ラッパを吹くことで、それ以外に自由に吹けなかったため、「休みの日くらいは思う存分、ラッパを吹きたい」という気持ちを曲にしたものであるとされている。

明るく軽快な曲で、オリジナルの管弦楽編成から編曲され、吹奏楽などのバンド・コンサートにはなくてはならないスタンダード・ナンバーである。

日本において、幼稚園小学校では、オッフェンバックオペレッタ天国と地獄』の序曲や、カバレフスキー組曲道化師』のギャロップなどが、よく運動会BGM(特に徒競走の時によく流れる)として流れる定番曲であるが、これもそのひとつである。また運動会以外にもテレビのBGMやCM、更にはアニメ作品などにも使用されている。

栃木放送の『競輪ニュース』でも流れる。

構成[編集]

軽やかな短い前奏に続いて、3本のトランペットによる主題によって開始される。全ての楽器が同じ旋律を奏するところから中間部で、変ホ長調に転調する。そして主題が再現されたのち、終結部はファンファーレによって華やかに終わる。演奏時間は約2分。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 真夏の夜の夢”. 国立音楽大学 (2008年7月11日). 2013年5月23日閲覧。

関連作品[編集]