ラズウェル細木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラズウェル 細木
生誕 1956年
日本の旗 山形県米沢市
職業 漫画家
称号 教育学士早稲田大学
ジャンル グルメ漫画
代表作 酒のほそ道
魚心あれば食べ心
風流つまみ道場
受賞 手塚治虫文化賞2012年
テンプレートを表示

ラズウェル 細木(ラズウェル ほそき、1956年 - )は、日本漫画家。本名 窪田京一。旧ペンネームはくぼたケーガ。山形県米沢市出身。山形県立米沢興譲館高等学校卒業。早稲田大学教育学部国語国文科卒業。

代表作に『酒のほそ道』『パパのココロ』など。アシスタントで放送作家の森下由香は、元妻[1]

略歴[編集]

大学在学中は早稲田大学漫画研究会に所属しており、漫画を描く先輩の姿を見て漫画家にはなりたくなかったが、卒業後にカットやイラストの仕事をこなしているうちに、くぼたケーガ名義で麻雀漫画でデビュー(1983年)。大のジャズファンであり、レコードコレクターでもある。ジャズ業界の知識を援用して音楽方面に取材した作品を複数発表している。しかしその後の雑誌連載による『酒のほそ道』の方がよく知られるようになった。

ペンネームの由来は、ジャズトロンボーン奏者ラズウェル・ラッド英語版と、大学卒業後にアルバイトしていた出版社でお世話になった「細木さん」から[2]。当初は漫画の主人公の名前だったが、後にペンネームもそれへと改める。

1990年、アシスタントだった森下由香と結婚し娘を儲けるが、1998年に離婚する(詳しくは育児マンガ『パパのココロ』を参照)。好物は日本酒ウナギの蒲焼きなど。 

2010年、郷里の米沢市の観光大使に就任した。

2012年、『酒のほそ道』などにより第16回手塚治虫文化賞短編賞受賞。

作品リスト[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]